2010年12月02日

幸せな窓辺♪

新顔のミニバラたちです。
自室の南側の窓辺、ぱらだいす〜♪

Corfu 101119-2i.jpgCorfu 101130-2i.jpgCorfu 101122i.jpgCorfu 101130-3i.jpg

コルフ・フォーエバー。
昔枯らしたことがあります。
あの時は、どうやったらまともに育つのかさえわからないぐらいひ弱だった。
今度はどうですやろ? 今度は少なくとも、陽は当たる。

Ramy 101107-2i.jpgRamy 101107i.jpgRamy 101115-2i.jpgRamy 101125-2i.jpg

ラミー・パレード。
けっこう日焼けするタイプみたい。それに、かなりの横張りちゃんです。

Greenland 101122-3i.jpgGreenland 101122-7i.jpgGreenland 101125-5i.jpgGreenland 101124i.jpg

グリーンランド・フォーエバー。
ずっと前から欲しくて、セントラルローズさんに注文しようかと思ってました。
HCに並んでるんだもの〜^^。

今、小さかった蕾のガクが割れてきたところなんですが、日焼けなのか何なのか、白というよりはベージュピンク。開いた花の中心も、濃い目のクリーム色です。
(ちなみに3枚目の上のバラはセビリアもどき)
真っ白なのかと思ってたけど、こういう面もあるのですね。
実際、最初に咲いた2輪は、輝く白さ(洗剤のCMみだいだけど)だったんですよ。

窓辺、混み合ってきました。
まだ即席の棚のようなものしかないので、なんとかしなくては。
しかし、どの程度室内で過ごさせるか、まだ未定でもあるのです。

いつでも、どこでも、嬉し悩ましバラ栽培、ですな〜。
Posted by 銀 | Comment(6) | TrackBack(0) |
Roses>Miniature Roses

2010年11月30日

上等な卵のような。

一目惚れして連れ帰ったフォーエバーちゃんです^^。
普段、黄色はもうひとつ食指が動かないんですけど、この色は特別!と思わせるものがあったのです〜。
花の海さんのタグが付いてたんで、セビリア、ネヴァダ、サンマリノ、サニービーチのどれかだと思います。

San Marino 101119-3i.jpgSan Marino 101119-2i.jpgSan Marino 101121-3i.jpgSan Marino 101122-4i.jpg

ほんとは、別のを買いに行ったんだけど。
この、中心がしっとりした黄色で外側が白っぽいあたりを見たら、もうどうやっても持ち帰らずにいられませんでした。
なんかね、もう透き通るような美しさなんですよ!
あ〜、写真じゃ伝えきれない!

Sevilla 101123-3i.jpgSan Marino 101122-5i.jpgSevilla 101125-9i.jpgSevilla 101127-2i.jpg

開くとこうなりました♪ だいたい6〜7cmぐらいの花です。
3枚目の下に写ってるのは、グリーンランド・フォーエバー(たぶん)。
これを買う予定で行ったのでした。
さすがにこっちも、顔がにやける可愛さです^^。

San Marino 101121-2i.jpgSevilla 101125-2i.jpgSevilla 101126i.jpgSevilla 101130-4i.jpg

窓辺に置いていたら、蕾はけっこう色付きました。
それが開くと、そのまま濃い色で咲きました。開ききると少しツンツンした花弁になったので、セビリアかなと思ってるんですけど、どうだろう???

しばらく無味乾燥な生活を送っていたためか(そういう自覚はないのですが)、何かを可愛がりたい!みたいな欲求が異常に高まってしまい、私らしくもなく、"デイジー"やら"マーガレット"やらも買ってしまいました。
なので今、「かわい〜♪」のがいっぱいいます^^。
そのうち、登場すると思います。
Posted by 銀 | Comment(2) | TrackBack(0) |
Roses>Miniature Roses

2010年11月21日

Nova Patiohit 2010 Nov.

最後の更新から、いつの間にやら5ヶ月も経っておりました。
ご無沙汰しております^^A。
みなさん、この暑い夏、どうお過ごしでしたか?

夏の間ひと眠りしたら(笑)、またぞろミニバラ熱が出てきました。
↓品種タグはなかったけど、多分ポールセンの「ノバ」。
Nova 101028i.jpgNova 101028-2i.jpgNova 101028-3i.jpg
この花形と色!
ポタンかブローチみたいでしょ。こういうの、やられる〜。
Nova 101103i.jpgNova 101103-2i.jpgNova 101105i.jpg
上の写真の、約1週間後。
ほとんど形は変わらず、色だけ褪せていきました。
写真は撮った時間が違うので、かなり色合いに差が出ていますが、実際には「どこか変わった?」ぐらいな感じでした。

Nova 101105-3i.jpgNova 101107i.jpgNova 101107-2i.jpg
こちらは、うちに来てから開いた花。
色も形も、ちょっとぼやけた感じではあります。
Nova 101115i.jpgNova 101118i.jpgNova 101115-3i.jpg
その約1週間後。
コルダナのポエトリーやオックスフォード・ビジョンを思い出す雰囲気です。
買って半月ほどですが、微かにウドンコ、スリップス、そして花弁にインクのようなシミが出ました。割と気難しいのかも。

ところでこのノバ、ポールセンのHPによると、Nova 2009なのですね。
以前のNovaは、こんな感じ

ノバの他にも、いくつかミニを手に入れて、鼻息荒い秋の日々です(笑)。
ホームセンターがすぐそこに2件ですもの(さすが田舎)。
他のも咲きそろったらUpしますね。
やっぱりミニバラからは、逃れられない・・・。
Posted by 銀 | Comment(10) | TrackBack(0) |
Roses>Miniature Roses

2010年06月13日

咲いた♪

今年発芽した実生のバラ、咲きました。
うっひっひ♪

OdierB4 100606i.jpgOdierB4 100609i.jpgOdierB4 100609-2i.jpg
「オディエB4」。
お母さんそっくりな、コロコロマキマキちゃんでした。
いっちょまえに飾り萼^^。かすかに香りもあるようです。
外側の花弁が、少し反ってる?
色も、外側の花弁の方が白っぽいみたい。

BallerinaB 100609i.jpgBallerinaB 100611i.jpgBallerinaB 100612-2i.jpg
「バレリーナB」。
これもお母さんそっくり。
シベが黄色い時に見られなかったので、ちょっと残念。
それにしても、かわいいピンクだこと^^。

Haku 100609i.jpgHaku 100612i.jpgHaku 100612-2i.jpg
「つる性白小輪」。
バレリーナBよりも、ほんのり淡い、少しくすんだようなピンクです。

今日、全部花をカットしてお礼肥をあげました。
今後は株を育てることに専念しなくては!

蕾が上がらなかった実生苗たち、1本は枯れてしまいましたが、他はとりあえず育っています。ますます成長に差が出てきました。
来年の春、どれだけ生残ってて、どんな花が咲くか、今からすごく楽しみ♪
Posted by 銀 | Comment(14) | TrackBack(0) |
Roses>実生

「深山苧環」

3月の話なんですけど、深山苧環が咲きまして。
去年の秋に、ネットで買った苗です。

miyama O 100324-2i.jpgmiyama O 100327i.jpgmiyama O 100401i.jpgmiyama O 100413i.jpg

もっとひっそり咲くのかと思ってたら、なんとまー、ワシワシ咲く咲く!
丈は低いものの、色も艶やかだし、花もそこそこ大きいし。
ちょっと意外だったー。
母曰く、「これは園芸種じゃないの?」
昔あった三山苧環はもっと小さかったそうなんです。
まぁ、管理&土が良くなくて、小さかったかも知れないのでなんとも言えませんが、今回の深山苧環も、別に手をかけたわけではありません。
ただ、植えてた、だけ。
来年はしょぼくなったりして(^^A)。

↓は、毎年勝手に咲いている西洋苧環たち。
今まで西洋苧環にはあまり関心がなかったけど、「庭」という場所には、こういう花は便利で良いですね。
G 100429-4i.jpgG 100511i.jpgG 100418i.jpg


↓ついでに、5月の庭を少し。
やはり一番はこれ!
芍薬です。きれいできれいで、も〜♪

G 100507-2i.jpgG 100516-2i.jpgG 100514-2i.jpgG 100516-3i.jpg

↓芍薬以外はこんな感じ。
だんだん、うっそうととしてきました(笑)。

G 100511-2i.jpgG 100516-9i.jpgG 100516-5i.jpgG 100523-3i.jpg
G 100504i.jpgG 100507i.jpgG 100516-6i.jpgG 100522i.jpg

今年の5月は、虫が凄かったような気がするんだけど、よそはどうなんだろう??
とにかく、え?、これも?、という植物まで穴ぼこです。
今は少し落ち着いたみたい。ほっ。
タグ:深山苧環
Posted by 銀 | Comment(7) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>草もの

2010年06月09日

山紫陽花 2010

待ちに待った、山紫陽花の「伊予絞り」が咲きました^^。
去年は蕾が付かなかったので、初めて見る花です。
iyoshibori 100523-2i.jpgiyoshibori 100523i.jpgiyoshibori 100603-2i.jpg
iyoshibori 100603-3i.jpgiyoshibori 100603i.jpgiyoshibori 100531i.jpg
咲き進むと紫がかってきて、"絞り"がよりはっきり。
咲き始めの淡い水色も、どっちもいい感じです。

ほったらかしなので、花そのものはあまり立派ではないですが、うちにある山紫陽花の中では、株も一番大きいのです。
というより、他が貧弱すぎる・・・んだと思う・・・。

tosaryofu 100531i.jpgtosaryofu 100523i.jpgtosayofu 100523-2i.jpg
↑「土佐涼風」今年の花。
涼やかなブルーが売りなのに、あったか色・・・。
(中央の画像の奥に写っている青いのは「伊予絞り」)
tosaryofu 090526i.jpgtosaryofu 090521-2i.jpgtosaryofu 090516i.jpg
↑「土佐涼風」去年の花。

近くに石灰が撒かれたのが原因だと思われるのですが、すぐ隣りの伊予絞りは青いのです。
この、"ちょっとの距離"が分かれ目なのかな。

tosaryokufu 100603-2i.jpgtosaryokufu 100531i.jpgtosaryokufu 100603i.jpg
↑「土佐緑風」今年の花。
tosaryokufu 090521-2i.jpgtosaryokufu 090526i.jpgtosaryokufu 090529-2i.jpg
↑「土佐緑風」去年の花。

やっぱり赤くなっちまった・・・。
緑からブルーへと移り変わるところが大好きだったので、非常に非常に残念。

今は全部地植えなので、水切れの心配もなく楽なのですが、さすがに土の管理がやりにくい。
写真を見比べると、花も貧弱になっているのがよくわかる。
花が終わったら、鉢上げしようかな〜。
でも、水切れの心配をしなくて良いというのは、捨てがたい利点なのですよねぇ。

他に、「白扇」と「舞子」がありますが、今年は蕾があがりませんでした。
白扇は、どこが成長したのかわからないぐらい小さい。
一番気難しいようです。
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>雑木

2010年05月24日

実生たち 2010 5月

今年発芽したバラの実生苗に、蕾があがりました^^。
蕾があがったバラは、それぞれ品種が違うので、ちょっと楽しみな展開です。
BallerinaB 100524i.jpgOdierB4 100524-2i.jpgHaku 100524-2i.jpg
画像が見づらいですが、左から: バレリーナ、オディエ、つる性白小輪

右端の白小輪は、全部で6個の蕾!
この種は、1つしか発芽しなかったので、期待大♪

Ballerina 100524i.jpgバレリーナは3本発芽しましたが、現在このとおり。(蕾がついたのは真ん中)
両端はそっくりだけど、株の大きさが違う上、左のは虫に好かれるのに、右のはそうでもないんですよ。



↓オディエは9本育っていますが、3〜4種類に性質が分かれているようです。
伸び方も、大、中、小、とそれぞれ。
ウドンコまみれ、黒点に弱い、などなど弱点も割とちゃんと分かれているように見えます。
OdierB2 100524-2i.jpgOdierB7 100524-2i.jpgOdierB8 100524i.jpg
それにしても、だいぶボロボロになってきました^^A。

オディエは、上記(OdierB)の他にもう一粒ヒップがあって(OdierA)、だいぶ遅れて発芽。今日それぞれ植替えました。
OdierA 100523i.jpgOdierA 100524i.jpg
小さいながらも、OdierB以上にわかりやすく個性が出てます^^。
特に、右の写真の右上ちゃん。
暗い色の小さな葉、赤い縁取り。これはOdierBにもいなかったタイプ!
枯らさないようにしなくちゃ〜。
Posted by 銀 | Comment(8) | TrackBack(0) |
Roses>実生

2010年05月23日

要スペシャル・ケア

Renahy 100521i.jpgマダム・ルナイーです♪

現在、樹高30cm弱、枝1本(!!)。
樹勢が弱く、ちっとも伸びず、葉も増えず・・・。
いつも弱々しいのですが、とにかく咲くだけは咲きたいのです、このお方。


頂点に蕾がついたあたりで、下方から、待ちに待ったシュートが2本出ました。
で、10cmぐらいでそれぞれに蕾が。しかも房で。
・・・いいのか?
え?、いいのか?、そんなに咲いて!!
Renahy 100512i.jpgRenahy 100513-3i.jpgRenahy 100514i.jpg
しょぼい木なのに、花はどれもなかなか立派でした。
香りも良いし、咲き進んだらまた可愛いし、もうその花姿にデロデロでございます^^。

夏場、気をつけて摘蕾して、木を育てないといけませんね。
すぐ目に付く場所に移動しておこうと思います。

Boelle 100507i.jpgBoelle 100507-2i.jpgBoelle 100508-2i.jpg
こちらは、エリザ・ボエル。
蕾の頃のワクワク感の方が、一段上のレベルだったかも(^^;)。
咲き進むのが早いので、あっという間に全開です。
ゆっくりじっくり楽しみたい花なのですが、そうはイカの塩から。

去年よりマシですが、相変わらず虫に好かれます。

Rougemont 100512i.jpgマダム・アルフレッド・ルージュモン。

蕾、2個だけ付いたけど、咲く前に落ちた・・・。
伸びるのも遅く、虫にもやられ、なかなか思うように行きません。


この3つのハイブリッド・パーペチュアルとノアゼット、うちの庭の野性味におされ気味のようです。
当面、要スペシャル・ケアかな〜。

以前枯らしてしまったルイズ・ダルザン(N)、今思うと強かったような。
まぁ、環境が違うので何とも言えませんけど。
Posted by 銀 | Comment(8) | TrackBack(0) |
Roses>Noisette & Hybrid Perpetual

2010年05月18日

サマー・スノー?

Summer S 091024i.jpg「サマー・スノー」とタグのある鉢植えを安く買って、ウヒウヒだったのは去年の11月。
とりあえず順調に行って、花を見ることができました。

が・・・。



↓なんかね、ちょっと違うような気が・・・。
Summer S 100505i.jpgSummer S 100507i.jpgSummer S 100511i.jpg
Summer S 100511-3i.jpgSummer S 100512i.jpgSummer S 100512-2i.jpg
サマー・スノー?????
どっちかと言うと、アイスバーグのような・・・。
付いていたタグは、しっかり「サマー・スノー」と書いてあったけど、載ってた写真は↑そっくりでした。
普通、安く売られているバラのタグなんて適当なことが多いから、写真は気にもしてなかったんですよ。
"名前"の方が違ってたか・・・。

花は、他のバラもそうですが、数が少ないからかけっこう大輪で、8cmぐらいはありました。
まぁ、アイスバーグでもいいっちゃいいんだけどさー。
いやアイスバーグかどうかも、よくわからないけどさ。

そんなら、サマー・スノーはブッシュタイプを買うかな。
と、買う言い訳はバッチリ(^^;)。

サマー・スノーのひらひら感、見たかったのでちょっと残念。
それとも今後、サマー・スノーらしくなってくる、なんてことがあるかな??
Posted by 銀 | Comment(10) | TrackBack(0) |
Roses>Modern Shrub & Climbing

2010年05月13日

Teaたち。

我が家のバラたち、一番乗りはやはり、デュブリュイでした。
他のTeaたちも咲きそろったので、とりあえずTeaから。

Dubreuil 100508i.jpgDubreuil 100429i.jpgDubreuil 100512i.jpgDubreuil 100508-3i.jpg

フランシス・デュブリュイ。
去年、ホームセンターで大苗を購入しました。
さすがに大苗だと頑丈といいますか、20cmぐらいの挿し木苗を何回も枯らしたのがウソのようです。

花は今のところ全部で5個。
もう少し肥料あげた方が良かったかな?
それとも、剪定の仕方がまずかったのか?(というか、ほとんど剪定してません)

しかし他のバラに比べると、虫や病気の害が少なくて非常に元気です。

Bravy 100512i.jpgBravy 100511-2i.jpgBravy 100512-2i.jpgBravy 100511i.jpg

マダム・ブラヴィ。
う〜ん、やっぱり美しい♪
大輪の立派な花を見せてくれました。でも蕾は4個(^^A)。
もともと葉がまばらなのに、開花と同時にボッロボロ。
しかしウドンコはあまり出ませんでした。

この株は2008年に挿し木苗を買ったものです。
一見ひ弱なんだけど、生き残ってるんですよね。

RHPT 100504i.jpgRHPT 100502i.jpgRHPT 100505i.jpgRHPT 100507-2i.jpg

ロック・ヒル・ピーチ・ティー。
地植えにした中で、どうにか成長を見せている唯一のバラ。
花数が少ないからか(全部で5個ぐらい)バカでかい蕾で、バカでかい花でした。
3個目からの花は、ちょっと崩れ気味。

このバラに限らず、なんだかどれも大輪で咲いてます。
鉢が大きくなったから?
花数が少ないからか(^^;)。

こちらは暖かい(&日当りも前より格段に良い)ので、開花が早まるかと思ってたけど、そう大きくは違わなかった。
葉の出るのも、蕾の付くのも早いんですけどね。

それにしても、虫がすごいです・・・。
もっとこまめに対応しないと、と思いつつ、わはは(涙)。
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
Roses>Tea
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。