2008年03月31日

ペンキ塗り鉢 その後

V 080131-2i.jpgV 080331-5i.jpg
以前、ずたぼろになりつつペンキを塗った鉢です。
ツヤが出て気に入らなかったのを、スチールたわしでこすってみました。
細かい傷が入るわけだから、当然なんですけど、あっさりツヤは消えました。ただし、古びた雰囲気を出そうと、ペンキが剥げるほど擦るとなると、なかなか大変でしたー。
なので、適当なところで終了(^^;)。

右側の写真は、現在の様子です。
なんだか、白い粉のようなものが出てます。
ペンキの色と混じって色つきの粉になってます。
これ、カビなんだろうか?
普通のテラコッタにもよく出ますけど、バラがどうかなると言うこともないので放置。

V 080331-3i.jpgV 080331-4i.jpg
ブリキの鉢は、ふちだけ痛んでいます。
右のテラコッタは、どういうわけか、あっという間に白い部分が剥げ落ちてしまいました。
ちょろっと剥げるぐらいなら良いんだけど、ぼこっと地の色が出ている。
剥げたペンキは地面や鉢の中にぱらぱら落ちてるし、なんだかなぁの鉢です。

V 080331i.jpgV 080331-2i.jpg
同じ時期に塗って、同じ時期に植替えてるはずなんですけど、鉢それぞれ傷み方が違います。未だに、ピカピカつやつやの鉢もあるんですよ。
塗った後の乾燥状態と、鉢の材質(と言っても基本的に素焼きですが)かな?

右の鉢の白いのは、土や肥料の成分が出てこうなるらしいです。
ペンキ塗っても、ちゃんと出るのね。
うまい感じで、ボロっちくなってくれることを期待してたんですが、なかなかそうは行かないなぁ、と実感中。
「いい感じ」の古さ、使い込んだ感じ、というのは、使えば出るってもんでもないのですね。
Posted by 銀 | Comment(17) | TrackBack(0) |
Gardening>ガーデニングあれこれ

2008年03月26日

とらぬ「じゃがいも」の皮算用


potato 080322i.jpg
野菜かごのじゃがいも、芽が出たので植えることにしました。
2つに切って乾燥・・・、させすぎたかも!(汗)
「草木灰を切り口にぬる」必要はないらしいです。
切り口が乾けばいいみたい。


potato 080322-2i.jpg
植えたのは土嚢袋。30cmほど古土を入れました。
じゃがいもは古土の方がいいらしいんですよ。
しかし、ベランダだし古土ってそう量がない。
バラの土も入ってるけど、もう、鉢底石だのバークチップだの、いろいろ入ってます^^;。
気の毒なので、元肥としてバイオゴールドも少し入れました。


このじゃがいも、1袋100円の食べ残しです。
うまく行ったら、元手20円ぐらいで10個程度のじゃがいもの収穫となりますね。
こういうのを、取らぬ狸のナントカって言うんですね(笑)。

じゃがいもは瘠せ地でも育つので、厳しい土地に住む人々を救ってきた植物なのだそうです。
うちの瘠せ地でも育つかな〜??
楽しみです^^。
タグ:じゃがいも
Posted by 銀 | Comment(20) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年03月23日

和風チーズトースト


cheeseTi.jpg
ブログに書くほどのネタじゃないんだけど・・・、和風のチーズトーストに、ちょっとハマり気味♪

左は、じゃこ・梅・水菜・のり。
右は、じゃこ・マイタケ・三つ葉。


cheeseT2i.jpg
チーズの上から、ゆず七味をふってGO!
ベースにはマヨネーズを塗ってます。
ごま油も行けるかなと思うけど、まだ試してません。


DSCN5789i.jpg
じゃこねぎバージョン。ここまでネギ入れなくても・・・という声が脳の隅から聞こえてくる。
でも、この下の方の太い部分が美味しいの〜。
青いとこだとしおしおになって存在感が薄くなるんだもの。


臭い土は嫌いだけど(トラウマか?)、臭い野菜は大好き!
↑の他によく使うのは、青じそ、ピーマン、ごま、ツナあたりかな。
お気に入りは、マイタケと三つ葉。
使ってみたいけどまだなのは、みょうが。

何に付け、「具」が多くないとダメなので、いつもてんこ盛りになってしまいます^^;。
良いアイデアや美味しい定番があったら教えてくださいな♪
タグ:パン
Posted by 銀 | Comment(20) | TrackBack(1) |
食べる>お菓子・パンなど

2008年03月20日

クロロシス、そして土の匂い。


FZL 080316-2i.jpg
がんがん新芽を伸ばしていた粉粧楼、ふと気付くと、こんなライム色の樹木になっていました・・・。

勝手に古い葉を落とし、若い芽が伸びていたので、全体がクロロシス状態です。そして例によって、原因がよくわかりません・・・。


粉粧楼、去年も葉色が悪くなっていましたが、液肥を数回あげて少し回復しました。
その後、半休眠。
芽だし肥をあげたんですけど、今度は多過ぎたんでしょうか?

よそのHPで、「芽だし肥のみたくさんあげて、あとは追肥なし」、という方のバラがとっても見事だったのです。
それで、やってみたかったわけです(^^;)。


Pavie 080316i.jpg
これはマリー・パヴィエ。
こないだまで、超がつくほど元気だったのに!
バラというより、ラズベリーみたいな、トホホな葉。


Alba Md 080316-2i.jpg
アルバ・メイディランド。
挿し木のちび苗を手に入れて、やっと芽吹いたら、なんときれいなライム色(涙)。


以前、ミニバラにクロロシスが出たことがありましたが、ある特定の肥料を与えたら必ずそうなったので、それはストップしています。

今年例年になくやったことと言えば;
1. 初めて芽だし肥をやった(2月中旬)
2. 水を頻繁にやった

そして大雨がふりました。その雨のあと、クロロシスが目立ったような気がしたので、土をほっくり返してみました。
すると、なんと土がくさい!
強烈なほどではありませんが、水が腐りかけてるような嫌なにおいです。ということは、加湿が原因?

芽だし肥を埋め込んでいたところは、菌糸がびっしり!
この有機肥料と水分のおかげで、菌の大宴会になっていた?
とにかく臭いのはまずいので、形の残っている置き肥を取り除き、土をつついて風が入るように耕しておきました。


DSCN5943i.jpg
←取り除いた置き肥と土。
けっこう臭いものもあったのに、2日も経ったら全然匂わなくなりました。
取り除いた後の鉢土の方も、すっかり匂いは消えました。


それにしても、土が臭いというのはショック大きいです。
いつもボケやってるけど、久々にガーデニングのことで落ち込みましたー。

とりあえず回収できる置き肥は回収したので、このあとは加湿にならないように気をつけて、薄めの液肥を与えてみる予定です。
クロロシスの原因を調べても、ミネラルの過剰でも欠乏でも出るし、あるミネラルの過剰は他のミネラルの欠乏をまねき、と非常に面倒で私のオツムでは無理・・・。
なので、バランスのとれたものを与えて、気長に様子をみるしかないようなのです。

有機の置き肥は、ゆっくり効くので、多少多くても大丈夫なんじゃないかと思ってたんですけど、皆さんどうですか?
ひと月前に施した置き肥で、こんな症状が出るものでしょうか?
それとも、原因の主なところは加湿かなぁ?
Posted by 銀 | Comment(16) | TrackBack(1) |
Gardening>バラ栽培

2008年03月18日

翁草


okinagusa 080316-4i.jpg
大手の園芸店へ行った帰り、スーパーに寄ったら、オキナグサを見つけてしまいました。
ひとめぼれ〜♪

親戚だからか、クリスマスローズに似てますね。


okinagusa 080318-4i.jpg
蕾です。
毛がね、すごいんです。
柔らかそうでしょ!
ほんとにホワホワで気持ちいいんですよ。


okinagusa 080318-6i.jpg
蕾、もいっちょ!
葉っぱの切れ込みも好みです^^。

やっぱりキンポウゲ科はやばいです。
あれもこれも可愛くて、も〜、際限がない。


okinagusa 080318i.jpg
うん?

うつむいているので、正面から写そうと、あれこれ頑張ったんですけど・・・。

目が合うと、妙に笑える・・・(^^;)。


okinagusa 080318-3i.jpg
「なぬ?」
いやその、正面から・・・。
「なぬ?」
ひとり言です!



タグ:翁草
Posted by 銀 | Comment(17) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>草もの

2008年03月16日

スィートマジョラムとオレガノ。


DSCN5850i.jpg
ハーブの「スィートマジョラム」の苗を買いました。
以前持っていたんですけど、香りが全然違う。
見かけも、ちょっと違う。

オレガノを探していて、ほとんど同じ匂いの「スィートマジョラム」を見つけて、これでいいや♪と、オレガノ代わりに使っていたのが、以前のマジョラムなのです。


DSCN5851i.jpg
それで、ずーっと違いがわからなかった。
今回の苗は、はっきり違う香りがしています。

葉も違うように思うけど、個体差かも知れないし、何とも言えないなぁ。


調べてみると、オレガノとマジョラムは近縁種なのですね。

≪オレガノ≫
科属名 シソ科ハナハッカ属
学 名 Origanum vulgare
英 名 oregano
和 名 ハナハッカ
別 名 ワイルド マジョラム 

≪マジョラム≫
科属名 シソ科ハナハッカ属
学 名 Origanum majorana
英 名 marjoram
和 名 マヨラナ
別 名 スイート マジョラム

こんなにそっくり。
以前私が買ったスィートマジョラムは、どっちかというと、オレガノより、またはオレガノそのものだったのかも。
と言って、今回のスィートマジョラムがほんとのスィートマジョラムかどうか、私には判断できませんけど。

今もオレガノが欲しいんですが、"香らない"苗しか見つけられないので、買わずに何年も経ってます。
香りは、個体差が大きいらしいんです。
よく有機栽培で育てたら香りが強くなった、なんて聞くけど、そういうのも期待できないんだろうか??

昔は、どれもそこそこ香ってた気がするんだけど、最近は香らないのばっかり。
なんででしょうね?
香りを基本に選ぶとなると、通販じゃね〜。
それとも、ちゃんとしたハーブ専門のお店なら、大丈夫かな??
Posted by 銀 | Comment(14) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年03月11日

Perfume Kordana 去年と今年。


Perfume 080311i.jpg
パフューマ・コルダナです。
うちのミニの中では一番成長してます。
今年は元気だな〜♪
なんて思っていたのですが・・・。


Perfume 070314i.jpg
←去年の3月14日の写真です。
こんなに違う!今年の方が寒いってことなんでしょうね。葉色も全然違います。
でも今週は暖かいらしいから、ぐぐっと伸びるかな。


Perfume 071207i.jpg
これはおまけ^^。
去年の12月に咲いた花です。
小さいけど、形はそこそこでした。

あと2〜3ヶ月で、また逢えるね♪


Posted by 銀 | Comment(16) | TrackBack(0) |
Roses>Miniature Roses

2008年03月08日

春まだ遠し。

うちのベランダに少しずつ増えてきた、ばら以外の植物です。
現在の日当たりは、特等席で朝2時間ぐらい。
お天気の良い日は、ベランダの向こうは燦々、こっちは寒々(涙)。
それでも、春間近な様子になってきました。

okutama 080308-2i.jpgceanothus 080305-2i.jpgvinca m 080308i.jpg
左:奥多摩小あじさい
中:カリフォルニア ライラック
右:斑入り姫つる日々草

バラにハマったときに迫る勢いで、「ヤマアジサイ熱」が出ています(苦)。
非常にまずい。
今のところ、この奥多摩小あじさいと、藍姫の2種類だけですが、毎日検索してしまう・・・。

斑入りの姫つる日々草はものすごい芽の数です。
なんとな〜く買っちゃったんですけど、これ、今後どうなるんだろう?
なんとな〜く水挿しした剪定枝も、全部根が出ました・・・。

Puschkinia 080308i.jpgM Paradoxum 080308i.jpg
左:プシキニア(LIBANOTICA)
右:ムスカリ(PARADOXUM)

どちらも植えたのは初めて。やっとここまで来ました。
ムスカリ、ずいぶんゆっくりな成長です。でもここへきて、ちっこい芽(?)が並んで出てきたよ。
なんだか不思議な光景です・・・。球根のないところから出てきたように見えるし。もともと分球していたとか?

S Torch 080308-2i.jpgBlack S 080308i.jpg
左:ストロベリートーチ
右:クリスマスローズ(BLACK SHADE)

一年草など、草花はうちでは徒長するし、タネが山ほど取れても蒔く場所もないので敬遠しがちです。
ストロベリートーチはおまけでもらったんで、まいてみました。
クローバー系は葉っぱが可愛いです。

クリスマスローズ、やっとやっと、新しく芽が出てきました。
は〜、よかったじょ!
古い葉はカットした方が良いらしいので、小さくて地面についていたやつを2枚カット。大きいの2枚は残しました。
なんだか、切るのが不安で(^^;)。

どこかのHPで、クリスマスローズと山野草を寄せ植えにしているのを見ました。そういうのもアリなんですね〜。
Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
その他の植物>その他

2008年03月01日

やっと剪定しました。

"なるべく遅く"と粘りに粘って先延ばしにしていた冬の剪定、やっとやりました。

春近しと言えど、うちのベランダはすずめの涙程度の日当たり。新芽が伸びても気の毒な日々が続くので、一度遅めの剪定で様子を見てみたかった。

と思いつつも、芽が伸びるとだんだん焦ってくる。
2月半ばに芽だし肥をやって、じりじり待って、やっと切りました!
は〜、さっぱり♪

Pavie 080228i.jpgPavie 080229i.jpg

マリー・パヴィエです。左が剪定前、右が剪定後。

枝をそろえる程度にしか切りませんでした。
今まで、ポリアンサはまともに育ったことがないんですよ。環境はともかく、切りすぎてたのかも・・・と言う気もするので、軽く。

FZL 080130i.jpgFZL 080229-2i.jpg

植え替えなかった粉粧楼。左が剪定前、右が剪定後。

これもあまり切らなかった。こんなに切らなかったのは、初めてです。
小さく育てたいという頭があるので、何でもバシバシ切って、にょっきーん!と強いシュートがV字に伸びる、という悪夢のようなことを繰り返してきました。
粉粧楼はV字にはならなかったけど、及び腰の剪定(^^;)。

パヴィエと粉粧楼は、紅葉もせず青々としたまま冬を越しました。
粉粧楼は、2月に入ってから蕾があがったんですが、それはさすがにカットしました。

Bravy 080224i.jpgHomere 080224-2i.jpgSouv.DV 080224i.jpg

左から、ブラヴィ、オメール、デリゼ・バルドン。

ブラヴィは挿し木したもので、やっと4号鉢に昇格。
オメールとバルドンはこの冬に買ったもの。
(どうもTeaばっかり増えます・・・)

まだどれも小さいので、樹形作りに専念しようと。
でも、どこをどう切ればいいのか・・・。
で、とにかく切ってしまいました(^^;)。
どうなるんだろ〜ね??

このほかデュブリュイがありますが、これがもう見るも無残な一本松・・・。
だって、一本松の上の方は、フォークのように枝が出ていて、まるでお笑い系なんですよ。
なので、ばっさり行ったんですけど・・・。(お見せできません)
Posted by 銀 | Comment(16) | TrackBack(0) |
Gardening>バラ栽培
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。