2008年04月29日

ちびバフ♪


Buff 080423-2i.jpg
今いちばん怖いもの。それは・・・。
←バフ・ビューティの棘!!!

なんだこのつりばりのようにまがったきょうぼうなとげは!


念願のバフ・ビューティ、実はゲットしておりました。
小さな小さな挿し木苗です。
しかし、大事なバフちゃん、触れるたびに流血です。
君はエドワードか!(by シザーハンズ)
Buff 080224i.jpgBuff 080401i.jpgBuff 080428i.jpg
左が手に入れた時の様子(今年2月)、中央は4月1日、右が現在。
この鉢は直径13cm、高さ14cm。
バフちゃんは、現在高さ15cmです。
強健で有名なバフちゃんですが、ウドンコが出てしまいました。

Buff 080429i.jpg
でも、咲いてくれるんだって〜♪

蕾、モケモケでした。
かわいいね^^。


Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
Roses>Modern Shrub & Climbing

2008年04月27日

ノワゼットたち。


Darzens 080427-2i.jpg
ルイズ・ダルザンの蕾です♪
やっと白い色が見えてきました。粉粧楼とトップ争奪戦の真っ最中。
朝3時間ほどの日照ですが、蕾が10個程度あがりました。
日陰でもそれなりに大丈夫な品種なのかな?
ただし、まったく日の当たらない部分は見事に新しい芽が出てません。・・・当たり前か。


Darzens 080423-3i.jpg
葉は薄い色のまま。
多分、本来はもっと濃い色なんだと思います。
それに、すぐカリカリ乾燥するんですよ。
鉢土は湿ってるように思うんだけど、水が足りないんだろうか?


PDP 080420i.jpg
パヴィヨン・ド・プレイニーです。
新苗がやっと届きました!
待ってたよ!
シュート3本ほどで、生育旺盛な様子^^。


PDP 080427i.jpg
柔らかそうな枝葉で、まだ幼子という雰囲気むんむん。
だけど、今にも蕾があがりそうでもあります。
もし蕾があがったら、1個ぐらい咲かせても大丈夫かなぁ?


↓この二つは、マダム・アルフレッド・ルージュモン。
プレイニーと一緒に届いた新苗です。
これがね〜。なんとも不安な苗なのです。

展開している芽の無い1本杉で、下葉は黄色。
切り継ぎの蝋が塗ってある枝も、上から黄色くなってきてます。
ふぇ〜、一番楽しみにしてた苗なのに・・・。
Rougemont 080420i.jpgRougemont 080427i.jpg
いったんバラの土に植え替えたんですけど、↓を読んで、また植え替えてしまいました。白根が全く育っていなくて、根鉢を崩すも崩さないも、鉢から出したら裸苗状態。何度も植え替えてストレスをかけてしまったけど、元気になってくれるかなぁ・・・。

どんな苗でも、市販のバラの土ならオッケーだろうぐらいに思ってたけど、苗の状態によって土を変えるのは考えてみれば当然の話ですよね。なんだか、「人気のあるバラの土」にひきづられて、思考停止状態になってた自分がわかります。

この本、実は知りませんでしたが、ちょっぱーさんに教えていただきました。
わかりやすくて良い本ですね。みんなちゃんと読んでるんだろうねー。あたしゃ勉強不足だな。

バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)
鈴木 満男

by G-Tools
Posted by 銀 | Comment(23) | TrackBack(1) |
Roses>Noisette & Hybrid Perpetual

2008年04月25日

"大花"二色風鈴おだまき?


okutama 080423-4i.jpg
バラの蕾はまだ固いけど、奥多摩小あじさいは、どんどん開いてきました。
「あじさい」と言うからには、6月から夏、と思ってたけど、もうちょっとで満開です。

↓肉眼じゃ花の様子がよく見えないので、どアップで撮ってみました。

okutama 080423i.jpgshiromaiko 080423i.jpg
左が、奥多摩小あじさいのアップ。
小さなグーが開くと、もっと小さなグーがいっぱい!

右は手毬型ヤマアジサイの「白舞子」。
蕾がはっきりしてきました。これも楽しみ♪

2furin 080415i.jpg
そして、楽しみにしていた、二色風鈴おだまき。
咲いたんだけど・・・。
深山おだまきそっくりじゃん!
いまいち風鈴って感じじゃない・・・。

2furin 080417-2i.jpg2furin 080417i.jpg2furin 080416i.jpg
風鈴おだまきは、頭の後ろのツノがない(と思う)んだけど、この子は中途半端なのがついてます。
ラベルには、「大花二色風鈴おだまき」と書かれていたので、てっきり普通の二色風鈴おだまきの大きい版だと思ってた。

ま、これはこれで可愛いからいいけどさ・・・。
(だから、花を見てから買いなさいって)
hinaso 080412i.jpgkurosumire 080318i.jpgoshimachidori 080423i.jpg
左:ヤマアジサイ「藍姫」と、足元に植えたヒナソウ
中:黒花すみれ
右:日本すみれの「大島千鳥」

「藍姫」も蕾がついてます。これはガク咲きの品種。
スミレたちは、3月から咲き続けています。

バラが待ち遠しいけど、それまではこの子らと、ものすごい勢いで大きくなっているじゃがいも君に癒していただいてます^^。
Posted by 銀 | Comment(16) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>草もの

2008年04月23日

「タラレバ缶」


DSCN6699i.jpg
お土産に、珍しいものを頂きました。
ロシアの「鱈肝の缶詰」です。
米原万里のエッセイに出てくるらしいんですよ。なんでも、最悪なロシアの缶詰の中にあって、この鱈肝はフォアグラに匹敵するほど美味だとか。


DSCN6703i.jpg
とりあえず一口。悪くないです。
レバー味は、魚と言うより鳥っぽいかも。
フォアグラ?、比べられるほど食べたこと無いので何とも言えません・・・。
次は黒パンだ!(ドイツパンだけど)


DSCN6705i.jpg
このままでも美味しい!
黒胡椒をかけて、赤ワインか?
和風にしたら日本酒でも行けそうな味です。
で、何に使おうかと考えたあげく、何の変哲も無いパスタに・・・。


DSCN6706i.jpg
ニンニクとそこらへんにあったハーブ、茄子とトマトでソースにしました。鱈肝じゃなくてもOKな料理だけど、パスタと一緒に茹でたじゃが芋が妙に美味しかった。ただ、ネギは余計でした。
青みがこれしかなかったの(汗)。


Posted by 銀 | Comment(10) | TrackBack(0) |
食べる>お土産・お取り寄せなど

2008年04月20日

いろんな木。

yukiyanagi 080402i.jpg昨年から挑戦している、「ミニBONSAIもどき」、私をおいて(^^;)、木たちは少し成長しました。

雪柳の苔玉、ささやかですが開花♪。
ただ、苔が茶色くなるので見た目がどうもね・・・。


kaede 080502-2i.jpgkaede 080420i.jpg
楓。左が4月2日、右が4月20日。
芽吹いてきて、おおっ、盆栽っぽ〜!!と喜んでいたら、
あっという間に右のような状態に。
ここからどうするかが難しいんだよね・・・。
yamazakura 080120.JPGedoshibori 080420.JPG
山桜(左)と、萩の江戸絞り(右)。
この山桜が現在の最重要案件(涙)。
写真は1月のものですが、4月になっても変化なし。
これはおかしいと掘り出したら、根が真っ黒でした。
現在は水に浸かってます。復活しそうな気配、あまりなし・・・。
donguri 080416.JPGmomiji 080412i.jpg
11月下旬に種まきした、どんぐり(左)ともみじ(右)。
拾ってきた種だけど、どっちも全部発芽しました。
これから、小さな鉢で育てる予定^^。

このほか、百日紅、欅、メタセコイヤ、銀杏も蒔いたんですけど、音沙汰なし。
この春芽が出なかったら、いつまで待つべきなんだろう??
何年も経って芽が出るとかあるのかな。
だとしたら、うーん、挫折しそう・・・。
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>雑木

2008年04月18日

「○くまの通り」


DSCN5698i.jpg
「師岡熊野神社」というのがあるんですよ。
初詣客で行列ができる、由緒ある神社です。
少し前、お天気につられて、てくてく歩いてみました。
お正月と違って、何やらひっそり・・・。


DSCN5696i.jpg
お社の奥には、小さいながらも鬱蒼とした森が。
聞こえるのは葉の擦れる音、私の息づかいだけ。
散策道へ入ると、こんな立て札が・・・。

な、何?、何の通り?、何の通りなの〜!!!


一瞬、固まりましたー。
いい感じで葉っぱが垂れてるんだもの。

これは「みくまの通り」です^^。
漫画じゃないんだからさ〜。
小学生みたいにびびってどうする・・・。
Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
出かける>散歩

2008年04月15日

クロロシス その後。

先日Upした、クロロシスのその後です。
土が加湿状態な上、匂ったこともあって、まず乾かすことに専念しました。
すると、けっこうあっという間に治っちゃったよ(^^;)。

クロロシスが酷かったのが、3月16日ごろでした。
その後の様子を載せてみました。
Pavie 080322i.jpgPavie 080328i.jpg
マリー・パヴィエです。

左:3月22日
まだ葉は葉脈が目立つのに蕾もあがっています。関係ない?

右:3月28日
だいぶまともになりました。
水を切っただけで、日に日に、目に見えて葉色が戻りました。

Pavie 080331-2i.jpgPavie 080412i.jpg
マリー・パヴィエの続き。

左:3月31日
もうほどんど普通、と言っていいよね。
薄い液肥を与える予定でしたが、結局何もせず、土を乾かしただけです。

右:4月12日
蕾がちらほら。数えてみたら、15個ぐらいありました。
初めて育てるので、葉色も花つきもよくわかりません。
だけど、うちで同時に2桁の蕾って、ほとんどないんですよ。
クロロシスは出たけど、うちに来てから、ずーっと優秀です。

FZL 080328-2i.jpgFZL 080331i.jpg
こちらは粉粧楼。

左が3月28日、右が3月31日。
28日の写真では、まだ下葉に葉脈が目立ちます。
でも31日には、ほとんどわからなくなっています。

この株は去年からクロロシスを出していたので、1回だけ、薄い液肥を与えました。
果たしてそれが効いたのかどうかは不明だけど(^^;)。

FZL 080412-2i.jpg
粉粧楼の気合の入った蕾^^。日課のように数えてますけど(笑)、現在20個超♪
粉粧楼に限らず、今までこんなにたくさんの蕾、ついたことないの。ヘボ栽培がよくわかる話ですが(汗)。


他に症状が重かったのは、アルバ・メイディランド。
これも葉色はよくなりました。けれど、まだ弱々しい。
強いと評判なので手に入れたのですが、うちでは今のところひ弱です。

粉粧楼とマリー・パヴィエは生育旺盛で、それだけに根の活動への影響が大きかったのかな?
この二つが一番クロロシスが出て、一番成長して、一番蕾を上げています。

どうやら葉色が戻り、樹勢も悪くないので、改めて置き肥をしました。
クロロシスが出て、土が匂うのに気付いたときには、あわててカビカビの置き肥を取り除いたけど、どの程度影響していたのかわかりません。
今でも、真っ白なカビがある鉢もありますが、別に調子が悪いこともないんです。まぁ、どちらにしろ、今後は肥料は少なめで行こうと思います。
豪華な花には、多肥か?と思ったけど、多過ぎる害の方が怖いわけだし、無茶はやめます^^;。

それにしても、「加湿、侮るなかれ」、ですね。
Posted by 銀 | Comment(16) | TrackBack(0) |
Gardening>バラ栽培

2008年04月12日

ハデ〜ず。

派手な花をUpしたつもりだったんだけど、見てみるとけっこう地味でした^^;。
これでもうちの、ハデ〜ずです。
一応あるんです。バラ以外の洋花も(笑)。

Puschkinia 080322-3i.jpgPuschkinia 080402i.jpgPuschkinia 080405-4i.jpg
Puschkinia 080328i.jpgPuschkinia 080405i.jpg

↑色に惹かれて育ててみたかったプシュキニア。かわいー!
も〜、狂ったように写真撮っちゃいました。
白地に青のラインが入るなんて、天使がデザインしたのかと思っちゃう。

しかし球根は楽ですね。
以前、チューリップをアブラムシの餌食にしたので敬遠してたんだけど、これはクセになるかも。

vinca m 080326i.jpgM Paradoxum 080412i.jpg

姫つる日々草と、"Paradoxum"と書いてあったムスカリ。
ムスカリは良い色なんですけど、活かせてませんね(汗)。
うまく寄せ植えにできたら素敵だろうなぁ。

ceanothus 080313i.jpgNorth Pole 080412-2i.jpg

カリフォルニア・ライラックと、おまけでもらったノースポール。
あと、スミレやハーブの花が咲いてますけど、やっぱ地味です。
バラに熱中して我を忘れていたけど、本来私は地味好みだったのだな。
バラだけ、なぜか特別のようです。バラの魔力?
Posted by 銀 | Comment(24) | TrackBack(0) |
その他の植物>その他

2008年04月10日

打率7割5分


Cupid 080405i.jpg
11月に種まきして、2月の頭に最初の芽が出た、「キューピッド・イン・ザ・ガーデン」です。
一番大きいので、3.5cmほど。
ちょっと触ったぐらいじゃぐらつかないほど、しっかりしています。


12粒蒔いたうち、11粒が発芽しました。
1つは出たものの、私の不注意でちぎってしまった。
1つは出たものの、強風で折れた。(高さ5mmの双葉が折れるとは!)
結果、9本が今現在、育っています。

こんなにたくさん発芽するとは思ってなかったよ!
バラの種まきは初めてでしたけど、せいぜい半分ぐらいかと思ってました。

Cupid 080406i.jpg
←最初に発芽した一郎くん。
今思えば、ひとりだけフライング気味の早さでした。
出た芽はそれぞれ個性があって、色の濃いの薄いの、双葉じゃなくて三つ葉のもの(^^;)と色々。
さて、これからどう育てるかな〜。


Posted by 銀 | Comment(22) | TrackBack(0) |
Roses>実生

2008年04月06日

桜散る鎌倉


enkakuji1i.jpg
もう終わりつつある桜ですが、諦めきれず鎌倉へ観に行ってきました。ご存知のように、鎌倉の見所は限りないので、今回は桜に限定。

北鎌倉の駅から、円覚寺、東慶寺、浄智寺と回って、源氏山へ。化粧坂切通しを抜けて、鶴岡八幡宮、段葛というルートのお散歩でした。


enkakuji2i.jpg
北鎌倉の駅を降りてすぐの円覚寺。
写真は山門と桜です。

ああ、鎌倉っていいなぁ、とここでまず圧倒されます。何しろ広いんです。そのどこもかしこも、絵になるんですよ。
ウグイスがよく鳴いていました。


jouchiji1i.jpg
線路を渡って浄智寺へ。
鎌倉では珍しい、中国風の鐘楼門と桜。


jouchiji6i.jpg
中はしっとりした雰囲気で、いろんな植物がありました。ミツマタ、すみれ、カタクリ・・・。
人もわりと少なくて、落ち着けました。

境内裏の洞窟には布袋様が祭られてます。
みんながお腹を触るので、黒いお腹になってました(^^;)。


genjiyama1i.jpg
浄智寺の脇から、源氏山へとつづくハイキングコースへ。
ここは行かない予定だったんだけど、つい・・・。
もう、へとへと。こんなにきつかったっけ?
年とっただけ?


genjiyama3i.jpg
登りきったあたりの、木立から見える風景は、今回一番きれいでした!

源氏山から、化粧坂切通しを抜けて、鶴岡八幡宮へ。
「切通し」は言葉通り、山を切り開いて通した道だそうです。3歩ごとに転びそうな、言葉通りの道でした・・・。


tsurugaokahachiman2i.jpg
鶴岡八幡宮の源平池(たぶん平氏池の方)。
散った桜が水面に浮いて、みごとでした〜!

しかしまぁ、人人人です。
しょうがないけどね。


dankazura1i.jpg
鶴岡八幡宮の、段葛(だんかずら)と呼ばれる参道。この段葛で、花嫁さんに遭遇。満開の桜の下を歩く予定だったんでしょうね〜。惜しかったね!

というわけで、鎌倉終わった桜レポートでした^^;。


タグ:鎌倉
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
出かける>花など観に

地味ですが。

このところ、ブログの色目が地味なので、たまには明るいものをと思ったんですけど、結局同じになりました。
ま、うちのじみ〜ずの春をみてやってください(笑)。

hinaso 080318i.jpgerodium 080318-2i.jpg
左:ヒナソウ
右:八重姫フウロ

どっちも小さくて、写真に撮るのに一苦労でした。
八重姫フウロは、この名前で売られていましたが、フウロ草とは別のもののようです。
たぶんエロディウムという種類だと思います。

okutama 080405-2i.jpg2furin 080402i.jpg
左:奥多摩小あじさい
右:二色風鈴おだまき

奥多摩小あじさい、植替えもしていないのに蕾があがって焦りましたー。
これ15cmに満たない樹高です。鉢は間口13cmほど。
とりあえず、根を崩さずに鉢にどん、と入れただけ。

そして、ずっと欲しかった二色風鈴おだまき。
これ、「大花」と書いてあったんですよ^^。すごーく楽しみです。
苔玉にしてみたけど、バランス悪・・・。
しかも、思ったより大きくなってしまいました。
私の手がデカいから?(涙)

himetsurusoba 080402i.jpghototogisuW 080402i.jpg
左:姫つるそば
右:白花ホトトギス

ちび苗をお揃いの豆鉢で♪
姫つるそばは、道端からブチッと引っこ抜いてきて、挿し木したもの。
ホトトギスは買った苗におまけのように出ていたチビ芽。
どっちもほとんどタダ(笑)。

この平鉢は6cmx5cm程度の小さなものです。
写真は作ってすぐなので青々してますが、毎朝苔が色褪せています。
何しろ小さいので、すぐ乾く。(当たり前)
果たして夏越しさせられるかが問題ですね・・・。

kusa 080404i.jpgkusa 080405i.jpg
雑草くん のその後です。
だいぶたくましくなりました^^。
そして、穂がでてきましたよ。
これ、道端によくあるあれですね!(なに?)

雀の帷子(すずめのかたびら)じゃないかと思うんですけど?
小さめでかわいい草なので個人的には大好きです。
でも駆除すべき雑草として、たいていは嫌われてるようですね。
庭があったら、私も憎んでいたかも知れませんけど(^^;)。
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>草もの
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。