2008年12月30日

2008 そこそこ成功&大失敗。

今年も明日で終わりですね〜。
という訳で、2008年に作ったものをいくつか振り返ってみました。
作ってみて、お!というもの、お?というもの、色々だったな。
結果的には、そこそこ成功、ってところかな。
ま、簡単なものしか挑戦してない(できない)ので、それなりの結果です(^^A)。


nukadoko 081123i.jpg
今年、糠床を再生しました。
といっても、実はは他力本願(笑)。福岡に「千束」という糠床専門店があるのですが、そこの糠床を足したのです。これがぎょっとするほどの美味しさに大変身!!
すごいな〜。さすが伝統ある専門店の糠床です。その後、このお店の足し糠を使っています。
「千束」、めちゃくちゃおススメです。


umeshigoto 08i.jpg
6月に仕込んだ梅醤油と梅酢。
梅醤油の方は、半年後くらいから、ぐっと美味しくなりました。ポン酢代わりに大活躍です。
梅酢の方は、まろやかだったものが、時間が経つと酸味が強くなりました。梅の香りがするので、和え物などに良い感じです。
だけどお気に入りは断然、梅醤油!


hiyajiru 080809i.jpg
エアコンが壊れた夏場、お世話になった、冷汁もどき。
宮崎の郷土料理の「冷汁」を作ってみたかったのです。が、暑くてそんな気力なし。濃い目のいりこ出汁のお味噌汁かけご飯ってだけなのですが、これが美味しくて。って、まぁ、こんな料理、紹介するほどじゃないですね(汗)。
きちんと作ろうと思ってるうちに涼しくなっちゃったんだよー。
参考にしたのはこちらのサイト


kobo 080523i.jpg
そして最後に大失敗。
6月に咲いたバラの花びらで、酵母を仕込んでみたものの・・・。
アブラムシは浮いてるし、黒かびは生えるし・・・。
使ったバラは、香りのあるものならなんでも。それなのに、デュブリュイを入れ忘れた大ばか者です。
来年、また挑戦します!



嫌なこともあるけど、美味しいとか、楽しいとか、嬉しいとか、そういうこと数えて、来年も、笑っていられますように^^。
Posted by 銀 | Comment(16) | TrackBack(0) |
食べる>保存食・お漬物など

2008年12月20日

らっきょうズ。


Shimarakkyo 081220i.jpg
うちの「らっきょうズ」をご紹介します。
エシャロットと島らっきょうの苗、衝動買いです(^^;)。
調べてみると、植え付けは秋口らしいので、ちゃんと育つかどうか。ま、強いらしいし、日陰OKらしいし、やるだけやってみよう。


ところで、"エシャロット"ですが、普通日本で売られているのは、早採りしたらっきょうなんだそうです。品種としては別物なので、"エシャレット"なんて書いてあるらしい。

島らっきょうも、普通のらっきょうと同じ種を沖縄で育てているという話も、原種や他にも品種があるという話もありました。
要するに、普通のらっきょうも太る前に収穫すると、島らっきょうのような食べ方ができるってことなのかな。味や香りの違いはあるんでしょうけど、味は土にもよるみたいです。

で、私が買ったのは何なの?というのはよくわかりません。
ラベルには名前と、簡単な育て方が載っているのみ。
ただ、一緒に売られていた同じシリーズの"普通のらっきょう"は、この二つより、やや大きめの葉が出ていたんですよ。だから、違う品種なのかも知れません。

Shimarakkyo 081220-3i.jpgEchalote 081220-2i.jpg
左が島らっきょう、右がエシャロット。

らっきょうは深植えするそうです。
ちょうど、ネギの軟白みたいな感じなのですね。
20cmぐらいの穴を掘って云々。
しかし、そんな深い鉢は、持ってな〜いのだ。(バカボンのパパ調で読むこと)

ポリポットから抜くと、ぷ〜んとねぎ臭。こんなに香るのか。
4球ぐらいが固まって入ってました。
分けるべき? しかし、もう植え付け時期を過ぎているし・・・。
とりあえず、島らっきょうはそのまま大きめの深いテラコッタに。
エシャロットは2球ずつに分けて、間口の広い鉢に。
土は野菜などの古土です。多少、川砂や鹿沼などを足しました。

Shimarakkyo 081220-2i.jpgEcharote 081220-3i.jpg
左が島らっきょう、右がエシャロット。

株もとの様子です。
島らっきょうは紫がかってます。
さて、どうなるかな〜。
頭の中はすでに、とらぬらっきょうの皮算用・・・。
Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年12月13日

2つめはマリアさま♪


Maria 081213-4i.jpg
なんとか自制が効いているクリスマスローズ、2つめをゲット♪
ニゲルの「マリア」です。童仙房さんの苗。
草丈13cmぐらいの小ささが◎でした。

このマリア様、このところ通っているカイロプラクティックの帰りに見つけました。半分は、名前買いかも^^。
もうこりゃ、マリア様にお祈りでも、という状態だったので。


実は、半月ほど前に風邪をひいて寝込み、治ったかと思ったら、左肩甲骨に激痛が走りました。
これがね〜、のたうちまわるほど痛いんですよ!
左肩から腕まで痺れるようでじっとしていられない。どんな体制をとっても痛くて、横になるとさらに痛いからちゃんと眠れない。うとうとしても1時間おきに目が覚める。
こんな痛みはじめて。びっくりです。

4〜5日経つと、少し楽になりましたが、常に痛いので何ごとにも全く集中できず、5分おきに唸っている状態。カイロに通っても、劇的に回復するということはなく、時間と共に少しずつ少しずつ楽になってきた、という感じです。

私はてっきり、首の骨がずれたとかそういうことかと思っていたら、筋肉が原因なのだそうです。
あまりに長いこと悪い状態のまま放っておいたので、全身カチコチ、こりゃいかん、ひどすぎる、とかなり叱られました。
確かに、もともと腰が悪いので、前傾姿勢はご法度だし、長く座っていると立ったときにびっこをひくし、首を回すと常に痛みがあったし、原因不明の腕の痛みなども出ていた・・・。

今でもまだ痛いけど、眠れるようにはなりました。ただ、起きたあとしばらくはめちゃ痛い。で、痛みが落ち着いたらだましだまし、休み休み、唸り唸り、バラにマルチしてみたり(笑)。
どうせ腰が悪いんだからと慣れっこになって、とりあえず日常生活はできるから、などとほったらかしにしていてはいけないんですね。
みなさんもパソコン長時間やったら体をほぐしたり、メンテやりましょうね!
肩こりも、軽いうちに解消するクセをつけた方が良いですよ。
あたしゃほんと、身にしみました〜。

そして同じぐらい恐ろしいのは、顔!
目の周りと鼻のあたりにくっきりと、こわ〜いこわ〜いシワが!!!
パッと見て、ぎょっとするぐらい怖い顔になっていたのです・・・。
常に顔をしかめていると、こういうことになるんですね。
鏡を見たときの驚愕はトラウマになりそうですわ・・・。

気を取り直して、マリア様の様子をもう少し^^。
Maria 081213-2i.jpgMaria 081213-3i.jpgMaria 081213-5i.jpg
全体と、うしろあたま。
むふふ、可愛いです。

Black S 081213i.jpg
ところで、去年買ったクリロー第1号は、現在こんな感じ。
葉っぱは毟っちゃいました。
芽が出てきてるから、と思ったんだけど、これで良かったんだろうか?(と、毟ってから思う)



Posted by 銀 | Comment(37) | TrackBack(0) |
その他の植物>その他

謎のVision。

Vision 081213-4i.jpgVision 081213-3i.jpgVision 081213-2i.jpg
以前持ってたオックスフォード・ヴィジョン、残念ながら枯らしてしまいました。
でも、これは是非ともまた欲しいと思っていた。
ら、ホームセンターでそっくりさんを見つけました。
しかも298円^^。

Vision 081213i.jpg
ついていたタグです。サラマンダーシリーズだって。
検索してみたら、このシリーズ、薄ピンクは"アサミ"だそうですが、オックスフォードとは少し印象が違う。
でも、"そっくり"なのもあるらしい。


Vision 081213-6i.jpg
蕾はこんな感じ。
以前持っていたオックスフォードはこんな感じ
同じものだとしか思えまへん!

謎ではあるけど、嬉しいのです^^。



Posted by 銀 | Comment(6) | TrackBack(0) |
Roses>Miniature Roses

2008年12月07日

バラの植替え。

やっと植替えに着手しました。
と言っても、植え替えない鉢の方が多いので楽。
毎年植え替えなくても、けっこうOKなんじゃ?という気がして。
ズボラな思い込みかも知れないけど。

主にやっているのは、表土にニームパウダーを漉き込んで、米糠と堆肥でマルチすること。
ニームパウダーは初めてです。(ニームガルテンです)
堆肥は、近所で買える醗酵牛糞。
病気や虫に強いバラになって欲しい。もうそれが一番の願い。
なので、今後は肥料も控えめにします。多少、成長が遅くても、花がしょぼくても、我慢します!(と、今は思っている)

実は、自然農法の本やHPを見て、ちょびっとかぶれてます(笑)。

FZL 081205i.jpg
一番調子の良かった粉粧楼の根。
丸2年植えっぱなしだったけど、そうグルグルじゃなかった。
鉢増ししたくないので、根の先を少しカットして同じ鉢へ。


FZL 081207i.jpg
植え直し後。
葉がないのは、ハバチのご飯になったから。
ウドンコも軽く出ていました。
土は以前よりゴロゴロしたものを足して、あっさりめに。
ニームガルテンパウダー、効くといいな〜。


ハバチはテデトールをやったぐらいで、後はほったらかし。
すると、見事に食べつくしてくれました。
けれど振り返ってみると、元気な株は被害が少なかった。
病気にしろ虫にしろ、弱り目に祟り目的に発生するんですね。

ところで、ここ2年ぐらいは、古土も消毒せずにどんどん使ってます。
でも、だからって、特別バラの様子がおかしいということもないような・・・。
(いや、わかりませんけどね)

土、はっきり言ってよくわかりません。唯一わかるのは、水はけの良し悪し。
あとは微生物君頼むぜ!と思ってるんだけど、果たしてどうなのか、それもよくわかりません。
ま、趣味なんだから、よいのだ。なはは。
タグ:粉粧楼
Posted by 銀 | Comment(20) | TrackBack(0) |
Gardening>バラ栽培
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。