2009年08月16日

盆踊りに行ってきました。

chochin1i.jpg残暑お見舞い申し上げます。
ごぶさたしてますが、みなさんお元気でしょうか?
(と、去年も書いたような・・・汗)
今までろくに帰省もせず、社会的なことはうっちゃって生きてきたので(^^;)、なかなか目新しい田舎のお盆を過ごしています。
うちは初盆だったのですが、なんと町の盆踊りに招待(と言ってもお金は払う)されました。


bonodori3i.jpgお位牌を持って行くんですよ。会場は納骨堂前の広場。
今まで経験した盆踊りとは違った、町内会行事っぽい、小さくて手作りな、そして新鮮な「盆踊り」でした。

一応プログラムがあって、1.挨拶、2.盆踊りA、3.休憩、4.盆踊りB、5.休憩、6.盆踊りA、7.挨拶、で1時間ぐらい。
最初の休憩ではアイスが、帰りがけにはお菓子が配られました。


bonodori5i.jpg上記の盆踊りBはおなじみの「炭坑節」で、カセットテープ。
盆踊りAは、聞いたことのない、なんとも昔ながらな雰囲気の曲。しかも、生演奏。
この盆踊りA、子供達による笛・太鼓の囃子と、おじさんの歌(口説きというらしい)で、なんとも土着ないい感じなのです。
覚えようと一生懸命見てたけど、いやいや、これが難しい!
なんかね、ちっとも拍子がとれないんですよ。


ちらりと調べて見ると、このあたりでは、初盆の家の供養として昔から盆踊りが行われていたようです。
笛太鼓をかかえて初盆の家を個別に回り、踊り終わると饗応をうけるなどして賑わっていたそうです。

隣り町では、500年も続く盆踊りを残そうと保存会があるとわかりました。
機会があったら、その隣町の盆踊り、ぜひ観てみたい!

DSCN4086i.jpgここからおまけです^^。

←昔なつかし、プラッシーのおまけのお皿です。
これ、大切なものなのです。
なぜかというと・・・。


DSCN4084i.jpgお三方のサイズにぴったりだから!
しかも色も柄もないので、非常に具合が良い、という訳です^^。
実は今回まで、このお皿が使われているとは知りませんでした。よくもってるな〜。
プラッシーなんて、ウン十年振りで思い出しました。


タグ:糸島
Posted by 銀 | Comment(14) | TrackBack(0) |
Diary>日々是好日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。