2009年10月31日

八女白壁ギャラリーめぐり

江戸〜昭和初期の町家がギャラリーになる、というので、友人に誘われて、福岡県八女市へ行ってきました。
詳しくはこちらを。→ 八女白壁ギャラリーめぐり八女市観光協会

町家大好きなので、これはもう大興奮!
このあたりは小さいながらも城下町だったそうで、80軒ほどの土蔵造りの町家が並んでいるのです。
規模が小さいだけに、散策にはもってこい。
静かで、緑が多くて、昔ながらの商店が今も健在でした。

DSCN4474i.jpgDSCN4477i.jpgDSCN4478i.jpg
DSCN4485i.jpgDSCN4476i.jpgDSCN4479i.jpgDSCN4504i.jpg

こんな家に住みたい・・・。
で、どこをどう使う?と頭の中ぐるぐる。

↑下段左端、↓上段左端は同じ建物で、なんと新聞屋さんです。
かっこえ〜。

DSCN4484i.jpgDSCN4480i.jpgDSCN4496i.jpg
DSCN4521i.jpgDSCN4520i.jpgDSCN4532i.jpgDSCN4499i.jpg

やはりアート系の若手が、カフェなどを営んでおられまして、美味しいご飯やお茶をいただいてきました。

写真はありませんが、初めて飲んだ「ジャスミン・ミルク」、美味しかった!
ジャスミンが苦手な友人も、美味しいといっておりましたよ。
これは、そのうち真似して家で作ってみます。

DSCN4487i.jpgDSCN4486i.jpgDSCN4524i.jpgDSCN4492i.jpg

↑懐かしの昭和シリーズ^^。
エメロン石鹸だって!!!!

「土橋市場」は、昔の闇市だった場所なのだそうです。
営業しているお店は探さないとない(!)ですが、懐かしいような怪しいような、不思議な空間でした。
寅さん映画や、網走or夕張なんとかに出てきそう。

DSCN4509i.jpg老舗のお菓子屋さんでは、職人さんが実演中でした。
実際にすぐそこで見るのは初めて!

職人さんの仕事する姿って、なんて素敵なんだろう。


DSCN4512i.jpg彼が作っているのは、こういったお菓子。
美しいのぉ・・・。
このお店は、菊屋さん。
シナモン風味のお饅頭「茶の実」、上品で美味しかったです!



↓白壁ギャラリーと、八女の町の様子、hibariさんのページが詳しいです。
ディープにお楽しみくださいませ〜♪

「町家ギャラリーめぐり(1)」
「町家ギャラリーめぐり(2)」
タグ:福岡 古民家
Posted by 銀 | Comment(14) | TrackBack(1) |
出かける>その他
この記事へのコメント
ああ、素晴らしいですねぇ。江戸時代の街並み、好きです。江戸東京博物館に行ったときは、何日でもそこで過ごせると思ったもんです。江戸東京たてもの園も、本当にそこに住みたかったくらい。福岡には、移築ではなくこうした素晴らしい家が残っているんですね。実家が福岡なので、いつか連れ合いと子供達を連れて是非行ってみたいです。
Posted by johnnycake at 2009年10月31日 10:55
ややっ、私も住みたいです!(笑)
八女ですか、いい町並みがあるんですね〜。
新聞やさんが私も一番好みですっ!

土橋市場あたりのひなびた感じの風景、
鎌倉のある場所にすごく似て見えます。。
鎌倉連売所の、若宮大路を挟んで向かい側あたりの、
すごくディープな感じの小さな市場小路があるんですけど、
そんな雰囲気ぷんぷんです。

障子越しのにゃんこちゃん、かわいい〜〜!!(悶絶)
Posted by SHU at 2009年10月31日 14:12
お疲れさまでした。
まあまあ満足してもらえたかな。
実は今日も行っちまいました^_^;
なんか、タイミングが合わずに見学や体験できなかったのもあって、ごめんねえ;
もちょっと勉強しとけばよかった。
また遊んでね〜。

書き直しの度に、TBが飛んでったみたいで、何本か入ってるかも…
重ねてすんまへんm(__)m


Posted by hibari at 2009年11月01日 00:29
■johnnycakeさん、
実はここ、hibariさんに連れて行ってもらったんですよ。
さすがに詳しくて、非常に楽しい一日となりました。
まだ手入れをされている古民家もぱらぱらあって、今後もっと充実してきそうな雰囲気でしたよ。
環境問題も重なって、ある種、古い生活様式が密かなブームになっている日本ですが、妙な廃れ方をせずにうまく残っていって欲しいです。

コメントを読んで思い出したけど、江戸東京たてもの園や江戸東京博物館、行かずにこっちに戻ってきてしまったのが悔やまれます。
なんで行かなかったんだろうな〜。ばかばか!!
Posted by 銀 at 2009年11月01日 12:11
■SHUさん、
うふふふ、そうでしょ〜^^。
中に入ることができる民家があったので、私としては非常に面白かったのです。
昔の家の作りは、美しいですねぇ。
幼稚園時代、まさに今で言う古民家にしばらく住んだことがあって、今でもそこが私の憧れの家なんです。(あれ?、この話もうしてた?^^;)

鎌倉に↑のような市場があるのですね〜。
なんだか以外です。
にゃんこ、可愛いでしょ!
ピンボケだけど、可愛いから載せてしまいました。
この子、3畳ほどの小部屋に入れられていて(この日、この家は切り紙細工のギャラリーとなっていたので、出ないように閉じ込められていたのだと思う)、人が通ると、出してくれと大アピールだったのですよ。
Posted by 銀 at 2009年11月01日 12:23
■hibariさん、
まあまあどころか、大満足です♪
こういう家を見るだけでもう幸せ^^。
いろいろとありがとうね〜!!
そしてあなたはまた行ったのね(笑)。
私もこっちで、こういう家探してみよう。
町並みとしては残ってないけど、ポツポツと古い家はあるものね。
って、人んちを勝手に覘くわけにはいかんけど(^^;)。

TB、無問題よ〜^^。
Posted by 銀 at 2009年11月01日 12:27
お久しぶりだねん!
九州、行ってみたいな〜。
文化発信基地って感じだもんね。
しかし「エメロン石鹸」って、すごく昔?
Posted by まぐだ at 2009年11月02日 14:08
■まぐださん、
お〜や!
お久し振り〜♪
そんで、いつ遊びに来るのよ??(笑)
文化発信基地か〜。(私が住んでるのは、文化10年遅れ地域みたいなトコですが^^;)
けれど、20年近く振りだと、色々とあらたしい発見があって面白いね。

エメロン石鹸、そう古いってこともないか。
70〜80年代程度?
小さい頃のCMが頭にあったからか、看板を見たとたん爆笑してしまったの。
Posted by 銀 at 2009年11月02日 16:38
八女市って九州を旅行した時に通ったんでしょうね〜
何となく記憶に有る地名でした。
素敵な町並みですね〜
白壁ってこちらでは見かけないのでとても憧れます。
美味しそうな練りきり、チョキチョキするところを見てきたんですね♪
九州は佐賀と長崎を訪れたことが無いので
そっち方面に素敵な所があったらまたこんな風に教えてくださいね(^^)

上段の画像郡の中のお座敷と縁側からのお庭の様子、
15年ほど前に取り壊してしまった実家のお座敷ソックリで懐かしく眺めて色々思い出してました(*^_^*)
北海道なので障子が雪見障子だった事や縁側には木製の雨戸があって
それを朝夕開け閉めするのが子供達の仕事だった事、
木造で断熱材の無い古い家なのに天井が高く冬は寒かった事など思い出して
しばしタイムスリップできました。
今日はとっても寒いんだけど銀さんのところへ来てホンワカしちゃいました。
Posted by alchemilla at 2009年11月03日 16:50
■alchemillaさん、
八女は私も初めてで、八女茶が有名なことぐらいしか知りませんでしたが、非常に面白かったです。こういう場所に行くと、町というのは人が作るのだと実感しますね〜。
佐賀や長崎はお隣なので、行ったらレポートしますね^^。
けっこう見所満載なので、行きたくてウズウズしてるんですよ。

alchemillaさんもこんなお家にお住まいだったのですね。北海道で日本家屋って、なんだか意外です。当然あったに違いないけど、もっと洋風なイメージが・・・。しかし寒いだろうなぁ(笑)。
子供の頃に住んだ家は、懐かしさもあってか心に残りますよね。私はあまりお手伝いの記憶はない(^^;)ですが、映像で覚えています。もう残ってないかも知れないけど、機会があったら行ってみたい。その家の詳しい間取りなど、先日母に尋ねて、見取り図を描いてもらったんですが、いやいや、あまりに下手で驚きました(汗)。

昨日今日と、こっちもすごく冷えてます!
(と言っても10度ぐらいですが^^;)
そちらは寒気団にどっぷりなのですね。
ご自愛を〜!
Posted by 銀 at 2009年11月03日 22:07
わぁ〜ん、hibariさんと銀さんが〜、2人だけでいいことしてる〜。羨ましすぎて嫉妬メラメラ〜♪(えへへ、同じコメント入れちゃった^@^)

古い町並みがそのまま残っているのがホント素晴らしいです。そしてただ残っているだけじゃなく、普通の人の日常がそこにあるというのがもっともっと素晴らしいです。

古民家、憧れますね〜。でも住むとなったら水回りは絶対直したいし、高い天井を利用したロフトも作りたいし、障子の張り替えと桟の掃除は業者にお願いしたいし〜。わはは、金はないけど夢は大きくです(笑)

ねこちゃんの画像に胸きゅんです♪
Posted by 粥村 at 2009年11月04日 23:02
■粥村さん、
わははは。
同じコメント、わざわざ見に行ってしまいました(笑。
今度はぜひご一緒しましょ〜!!!
おっしゃるとおり、変わらず営業を続けているお店があるのが何より良いですよね。
だからこそ、この町並みが素敵なのだと思います。
そして、そうやって稼業を続けてこられたと言う"環境"に、非常に興味がわきますね。

古民家の水回り、わかりますわかります!
ロフトは考えたことなかったなぁ。だけど、良いアイデアですね!メモメモ・・・(と、実現の可能性はないのに、メモが増える)
Posted by 銀 at 2009年11月05日 23:24
歴史的な町並みが、ここはよく活かされてるんですね〜
古い商店や住宅を、こちらでも目にする事はあるけど、
それはもう点でしかなくて、町という空間は消えちゃってますもん。
八女=お茶だった私って、認識不足だ〜(笑)

こういう古い家並みって、神社仏閣と同じくらいに好きです。
写真を撮るのも、野鳥や野草と違う楽しみがあるし。
Posted by ruby's paw at 2009年11月07日 21:43
■ruby's pawさん、
八女=お茶、私もでした〜。
町並みが生きて残ってるなんて、あまりないですよね。
今住んでる町も、田舎だけあって、古い建物を目にすることは多いですが、まさに「点」。
八女市も、他の通りでは昼間からシャッターを下ろしたお店がずらり、という場所もあって、その光景もまた忘れられません。

写真は被写体によって、なんやかや、違いますよね〜。(あたりまえか・汗)
建物はまだ動かないから撮りやすいけど、それでもいつも水平に撮れず、ボツ連発です・・・。
Posted by 銀 at 2009年11月07日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

町家ギャラリーめぐり(2)
Excerpt: 次は八女で一番、ディープな場所へ。 戦後の闇市の建物がそのまま残った「土橋市場」。現在は空き店舗が多いです。 左:市場の入口。奥は八幡宮に続いています。 中:このなつかしい街灯も現役。 右..
Weblog: Scarlet-posi
Tracked: 2009-10-31 17:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。