2010年05月13日

Teaたち。

我が家のバラたち、一番乗りはやはり、デュブリュイでした。
他のTeaたちも咲きそろったので、とりあえずTeaから。

Dubreuil 100508i.jpgDubreuil 100429i.jpgDubreuil 100512i.jpgDubreuil 100508-3i.jpg

フランシス・デュブリュイ。
去年、ホームセンターで大苗を購入しました。
さすがに大苗だと頑丈といいますか、20cmぐらいの挿し木苗を何回も枯らしたのがウソのようです。

花は今のところ全部で5個。
もう少し肥料あげた方が良かったかな?
それとも、剪定の仕方がまずかったのか?(というか、ほとんど剪定してません)

しかし他のバラに比べると、虫や病気の害が少なくて非常に元気です。

Bravy 100512i.jpgBravy 100511-2i.jpgBravy 100512-2i.jpgBravy 100511i.jpg

マダム・ブラヴィ。
う〜ん、やっぱり美しい♪
大輪の立派な花を見せてくれました。でも蕾は4個(^^A)。
もともと葉がまばらなのに、開花と同時にボッロボロ。
しかしウドンコはあまり出ませんでした。

この株は2008年に挿し木苗を買ったものです。
一見ひ弱なんだけど、生き残ってるんですよね。

RHPT 100504i.jpgRHPT 100502i.jpgRHPT 100505i.jpgRHPT 100507-2i.jpg

ロック・ヒル・ピーチ・ティー。
地植えにした中で、どうにか成長を見せている唯一のバラ。
花数が少ないからか(全部で5個ぐらい)バカでかい蕾で、バカでかい花でした。
3個目からの花は、ちょっと崩れ気味。

このバラに限らず、なんだかどれも大輪で咲いてます。
鉢が大きくなったから?
花数が少ないからか(^^;)。

こちらは暖かい(&日当りも前より格段に良い)ので、開花が早まるかと思ってたけど、そう大きくは違わなかった。
葉の出るのも、蕾の付くのも早いんですけどね。

それにしても、虫がすごいです・・・。
もっとこまめに対応しないと、と思いつつ、わはは(涙)。
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
Roses>Tea
この記事へのコメント
わ〜。なんて麗しい花たちなんでしょう。
花数が少ない分、栄養がいって大きく咲いているんでしょうね(^^
そちらは天候不順の影響はあまりなさそうで羨ましいです。
Posted by Finviahta at 2010年05月13日 23:54
待ってました!
感動の咲きっぷりですね。

気温が低め、湿度もそこそこありましたから、
フランシスがほんとうにいい色いい形。
マダムとピーチ姫はニュアンスカラーがきれい〜♪
香りが届きそうな勢いを感じます。

鉢が大きくなったというのは効いていると思いますよ。
うちのティーたちも、根っこが張っているのは地上部が充実し、
そうでないものは元気なしなんですよ。
Posted by くらまま at 2010年05月14日 09:55
我が家、今春のバラは寂しい限りで、
数年ぶりに花を見せてくれたジェーンさんだけ(泣)
いいさ!バラは銀さんちで楽しませてもらおう!←立ち直りが早い(笑)

アブラムシ退治はヒラタ君ががんばってくれてるけど、
チュウレンジバチやバラゾウムシが好き勝手しとります。
すばやく対応せねばと私も思うけど、思うばっかしで(汗)
Posted by rubys paw at 2010年05月14日 19:59
わははな銀さんが大好きです(笑)!

それにしても麗しいですねぇ。
そしていい香りなんでしょうねぇ。惚れ惚れ。。
ウチもちっちゃこいベランダなのに、
なけなしのミニバラとかクレマチスとかグミの木なんかにちゃっかりアブラムシが付いてます。
でも今年は天敵ヒラタ君とかテントウさんとかもいたり、
アリが来たり(ベランダなのに〜!)、
なんやかやと生き物がわやわやしていて嬉しい(!?)感じです^^
Posted by SHU at 2010年05月14日 21:56
■Finviahtaさん、
こっちは天候不順の影響は、あまりないように思えます。とは言え、寒暖の差が激しいので心配ではありました。
も一回、とは言え(笑)、こんなにバラに日が当たってるのは初めてなので、私個人はルンルン気分なんですよ^^A。
ま、私の場合は天候より、技術といいますか管理といいますか、そっちの方が問題が大きく・・・(大汗)。
Posted by 銀 at 2010年05月14日 22:49
■くらままさん、
うふふ♪
久し振りでバラが咲く光景を楽しんでおります〜。
デュブリュイの香り嗅ぐの、ほんと久し振りでした。そして、このバラは"強い"と初めて実感しました。
これに気をよくしてお世話をさぼらないようにしないと(^^;)。
根張りと言えば、デュブリュイとロックヒルピーチはわしわし、で、やはり挿し木っ子のブラヴィが一番貧弱です。根の育ち方自体、非常におしとやかで・・・。
きっともっと時間も必要なのでしょうね。
ちゃんと見守ってあげなければ。
Posted by 銀 at 2010年05月14日 22:57
■ruby's pawさん、
私の方は、山野草はそちらで思いっきり楽しませて頂いてますけど、果たして私のバラで楽しめるかどうかは、大いに疑問が・・・^^;。
ま、いいか?(立ち直るというより、開き直り?)
しかし、虫たちの勢いはすごいですね、ほんと(ため息)。
チュウレンジ、トロい分、残虐な状態になって(見つけたら指ではじくものだから、半分だけ枝に残るのよ〜。げげげですぅ)、どうも寝覚めが悪いです・・・。
平田ベビーなどいるのを見ると、ニームをスプレーするのも気が引けて、どうもうまく行きまへん。
ま、いいか?
いや、よくないな〜^^;。
Posted by 銀 at 2010年05月14日 23:04
■SHUさん、
も〜ぅほんと、「わはは」なのです〜。
テデトールはやっているんだけど、小さい青虫は老眼のためか(^^;)よく見えません!!
ベランダでも、植物があるのを虫に知られると、どんどんやってきますよね!
どうやってわかるんだろうと、ほんと不思議。口コミみたいのがあるんですかねぇ??
SHUさんちのベランダは、面白いものが色々あるから、虫もバラエティに飛んでたりして?(笑)
虫じゃないけど、うちはもうじきカニのシーズンなので(笑)、ちょっと楽しみです^^。
Posted by 銀 at 2010年05月14日 23:09
フランシスの色はほんといいですねえ。やっぱもう一度育てようかなあ...
ロックヒルのクシャクシャ感もなかなか。
虫!地上の虫はかなり手ごわい。見たことのないのやら、巨大化したのやら。
あっという間にアブラムシの大軍押し寄せてます。ヒラタさんいるみたいだけど多勢に無勢?
テデトールやったら、指がみごとに見たことない黄緑に染まりました。ベランダアブラムシは色薄くてひ弱だったような気がします。
Posted by owl at 2010年05月15日 05:53
■owlさん、
わっ、なんて早起きな!!

虫、ベランダとは違いますよね〜。
バラの花びらはことごとく茶色いシミだの虫食いだのがあって、ベランダ時代のような箱入り娘は望めない状態です。
でも、よそはちゃんと綺麗な花を咲かせておられるのですよね〜。みなさんすごいわ〜。

アブラムシは今年は去年より少ない印象ですが、これからかも知れません。うん、確かに平田君は増えたような気がします。
うちはカモミールがわさわさなんですが、そこに黒胡麻のような虫が大量に集まるんですよ。(アブラムシ?)
色んな草がおとり&虫たちの居場所になればと思って、邪魔にならない草は取らないことにしてます。ズボラとも言うけど^^;。
Posted by 銀 at 2010年05月15日 09:04
デュブリュイ、美しいなあ。赤系もこの色ならいいね。
香りは強いのかな?
私はも一度、コヒオベに挑戦したいんだよね〜。

アブラムシも多いけど、テントウムシの登場で、どんどん減ってきた♪
リンゴやアンズの木から、幼虫を移して、
「喰え喰え、もっと喰え〜」って応援してます。
テントウの卵もいっぱいなの〜♪
ヒラタもぶんぶんなので、これから楽しみ♪

カニシーズン!一度見てみたい!!
Posted by hibari at 2010年05月16日 23:49
■hibariさん、
デュブリュイ、すっごーく香りは良いですよん♪
色もコヒオベのようには変らなくて、いつでもこの色が楽しめます。

テントウムシ、たくさんいるのね!
いいなぁ。
うちでは成虫1回、幼虫1回見ただけです。
なんでいないのかな〜。
hibariさんちのバラたちは、葉っぱもすごくきれいだもんね。同じような環境なのに、上手に育ててるな〜と感心します。

カニ、見に来る?(笑)
そろそろ出ると思うんだよね〜。
Posted by 銀 at 2010年05月17日 07:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。