2010年06月09日

山紫陽花 2010

待ちに待った、山紫陽花の「伊予絞り」が咲きました^^。
去年は蕾が付かなかったので、初めて見る花です。
iyoshibori 100523-2i.jpgiyoshibori 100523i.jpgiyoshibori 100603-2i.jpg
iyoshibori 100603-3i.jpgiyoshibori 100603i.jpgiyoshibori 100531i.jpg
咲き進むと紫がかってきて、"絞り"がよりはっきり。
咲き始めの淡い水色も、どっちもいい感じです。

ほったらかしなので、花そのものはあまり立派ではないですが、うちにある山紫陽花の中では、株も一番大きいのです。
というより、他が貧弱すぎる・・・んだと思う・・・。

tosaryofu 100531i.jpgtosaryofu 100523i.jpgtosayofu 100523-2i.jpg
↑「土佐涼風」今年の花。
涼やかなブルーが売りなのに、あったか色・・・。
(中央の画像の奥に写っている青いのは「伊予絞り」)
tosaryofu 090526i.jpgtosaryofu 090521-2i.jpgtosaryofu 090516i.jpg
↑「土佐涼風」去年の花。

近くに石灰が撒かれたのが原因だと思われるのですが、すぐ隣りの伊予絞りは青いのです。
この、"ちょっとの距離"が分かれ目なのかな。

tosaryokufu 100603-2i.jpgtosaryokufu 100531i.jpgtosaryokufu 100603i.jpg
↑「土佐緑風」今年の花。
tosaryokufu 090521-2i.jpgtosaryokufu 090526i.jpgtosaryokufu 090529-2i.jpg
↑「土佐緑風」去年の花。

やっぱり赤くなっちまった・・・。
緑からブルーへと移り変わるところが大好きだったので、非常に非常に残念。

今は全部地植えなので、水切れの心配もなく楽なのですが、さすがに土の管理がやりにくい。
写真を見比べると、花も貧弱になっているのがよくわかる。
花が終わったら、鉢上げしようかな〜。
でも、水切れの心配をしなくて良いというのは、捨てがたい利点なのですよねぇ。

他に、「白扇」と「舞子」がありますが、今年は蕾があがりませんでした。
白扇は、どこが成長したのかわからないぐらい小さい。
一番気難しいようです。
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>雑木
この記事へのコメント
山紫陽花園はこちらですか〜(笑)。
銀さんちすごいですね〜、なんて麗しい、見事な山紫陽花たち。
気持ち良さそうに咲いていて湿気なんて吹っ飛びそうな爽やかさですね♪
伊予絞りちゃん、こうやって見ると本当に可憐。
絞りというよりマーブル模様のようにも見えますね^^
土佐涼風は、なぜかこの字面を見るたびにタカラヅカを連想してしまいます・・・(笑)。

紫陽花は土質に左右されるって聞きますけど、
ほんとうに同じ株でも花の色が変わるんですね。
2年分の紫陽花の様子、堪能させていただきました〜^^
Posted by SHU at 2010年06月09日 17:54
え。同じ花ですか!? ってくらいに色が違いますね。土佐涼風..
赤色用肥料、青色用肥料って分けて売られていますよね。
買った方が良いのかしら、とちょっと悩んだり。
ところで庭植えでどのくらいの大きさになっているんでしょう?
やっぱり庭植えといえど、普通の紫陽花よりは小さいんですよね?
山紫陽花は慎ましやかな大きさも気に入っています〜。

伊予絞り、来年のターゲットになりそうです。
Posted by Finviahta at 2010年06月10日 08:50
待ってました♪銀さんちのヤマアジサイたちの登場♪
赤くなったって言ってたから、どんな風に?と気にもなってたし(笑)

実は我が家の七段花も、今年は水色じゃなくピンクで咲いて、ありゃりゃ〜
小さな鉢なのに植え替えさぼってたから、土のPHが変わっちゃったのかな?
鉢の場合は土を入れ替えるのが簡単だけど、やっぱし水やりが大変!
朝水をあげたからと油断してると午後にはくたら〜となってたりするもの。
で、もし、鉢上げする予定なら、今の時期じゃなくって、
葉っぱが落ちた11月頃まで待った方が安全かな。

絞りの伊予ちゃん、私もいつかお迎えしよう。
Posted by rubys paw at 2010年06月10日 17:22
ほんと待ってました!ですね銀さん宅のあじさい。
伊予絞り、ほんとに絞ってますねえ。
面白いです〜
今アジサイが一つもないので、そろそろ園芸店に見切り品がでるころアイだからいろいろ見てみようかなと思っとります。

Posted by owl at 2010年06月10日 21:09
■SHUさん、
いいえ〜、見事じゃないんです〜。
広い庭でもないのに、探さないとわからない山紫陽花たちでございます。
でも伊予絞りが咲いてくれたので良かった。
あと、甘茶も見たかったんだけど、なぜか冬場にバシバシ剪定されており(涙)、花どころじゃない状態です。なんなんでしょうね〜、まったく!

土佐涼風でタカラヅカ!(笑)
もうタカラヅカを連想せずに、涼風ちゃんを見ることはできません!!
Posted by 銀 at 2010年06月10日 23:15
■Finviahtaさん、
だっしょ〜。
こんなに違う色になるんですねぇ。
もしかしたら、伊予絞りが紫がかったのも、石灰の影響かしら・・・??
(咲くのは伊予絞りの方が早かったんですよ)

庭植えと言えど、という部分にはうちの庭植えは当てはまらないのですが(^^;)、やっぱり普通のアジサイに比べるとかなり小さいと思います。
うちのはその半分ぐらい(多分)。
なんでこんなに育たない?と思うぐらい育ってないです。それとも、そんなもんなのだろうか???
どっちにしろ、土が瘠せているようなので、ちょっと堆肥でも入れてみようかと思ってるところです。でも、鉢上げも考え中なので、いつ、どうするか、未定なんだけど。
Posted by 銀 at 2010年06月10日 23:22
■ruby's pawさん、
鉢植えでも時間が経つと色が変わったりするのですね〜。
そうかぁ。肥料を意識してあげるとかしないとだめなのかな。
私のようなズボラだと、どっちみち赤くなるのかちら・・・。
鉢上げ、これからの季節を思うと、秋まで待つのが正解ですよねぇ。
だいたい自分がまず干からびるし・・・(笑)。
山紫陽花は挿し木が付きやすいので、ちっこいのが何本かあるんです。
で、気に入ったちっこい鉢に入れてずら〜っと並べたいなと思ってるんだけど、どう考えても水切れで枯らす。
と、今気付きました。植替える前でよかったじょ!
ありがとー!
Posted by 銀 at 2010年06月10日 23:31
■owlさん、
そうなんです、買い時です〜。
見切り品なんて見つけたらヤバイヤバイ。
この時期、どこのお宅も立派な紫陽花が塀から覘いてたりするので、私は大きな紫陽花に惹かれてます。
でも紫陽花って、剪定後がちょっと風情がないのですよねぇ。ま、風情うんぬんが関係あるような家でも庭でもないんですが・・・。
Posted by 銀 at 2010年06月10日 23:35
山紫陽花園すばらしいですよ〜!
微妙な色の滲みがほんとうに綺麗ですね。
今は小さい株たちも、
すぐに見ごたえある大きさになりますって。

土質でそれほどに変わるものなのですか。
見切り品をぜひゲットして、
来年は酸性、アルカリ性両方で咲かせてくださいませ。
Posted by くらまま at 2010年06月11日 08:44
山紫陽花の専門店で質問しているときに
大きくならないんですよ〜と呟いたら
ええ〜?おかしいですね。ちゃんと大きくなりますよ。
膝丈くらいにはなりますから! と言われましたよ。
.. 大きくなっても膝丈サイズ?(@@
とびっくりしたのですが、そんなサイズらしいので
ボーダーに植えないと他の植物に埋もれちゃうかもですよ。
Posted by Finviahta at 2010年06月11日 11:30
■くらままさん、
わ〜、ありがとう♪
でも写真はごまかしがきくといいますか(^^A)、一部しか写ってないわけで・・・。
赤と青と両方咲かせるのは面白いかもですねぇ。
今日、HCで「七変化」を見たのですが、かなり微妙な色で心惹かれました。(いえ、買ってませんが。見切り品じゃなかったし・笑)
やはり紫陽花は、色の"微妙さ加減"がキモですね〜!
Posted by 銀 at 2010年06月12日 13:35
■Finviahtaさん、
膝丈ですか!
そうか〜。そんなものなんですね。
以前、鎌倉のお寺で見た山紫陽花(すごくいっぱい種類があった)、どれも鉢植えだったけど、確かに膝丈ぐらいのが多かった。鉢植えだからだろうと思ってたんですが、もともとそのぐらいなんですね。
ちょっと安心(笑)。
だって、うちのが異常に小さいかと・・・。
丈はともかく、株の充実度はよろしくないので、がっしりちゃんに育ってもらうのが当面の目標ですね。
そうなの、おっしゃる通り、埋もれてますもの^^;。
Posted by 銀 at 2010年06月12日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。