2010年06月13日

「深山苧環」

3月の話なんですけど、深山苧環が咲きまして。
去年の秋に、ネットで買った苗です。

miyama O 100324-2i.jpgmiyama O 100327i.jpgmiyama O 100401i.jpgmiyama O 100413i.jpg

もっとひっそり咲くのかと思ってたら、なんとまー、ワシワシ咲く咲く!
丈は低いものの、色も艶やかだし、花もそこそこ大きいし。
ちょっと意外だったー。
母曰く、「これは園芸種じゃないの?」
昔あった三山苧環はもっと小さかったそうなんです。
まぁ、管理&土が良くなくて、小さかったかも知れないのでなんとも言えませんが、今回の深山苧環も、別に手をかけたわけではありません。
ただ、植えてた、だけ。
来年はしょぼくなったりして(^^A)。

↓は、毎年勝手に咲いている西洋苧環たち。
今まで西洋苧環にはあまり関心がなかったけど、「庭」という場所には、こういう花は便利で良いですね。
G 100429-4i.jpgG 100511i.jpgG 100418i.jpg


↓ついでに、5月の庭を少し。
やはり一番はこれ!
芍薬です。きれいできれいで、も〜♪

G 100507-2i.jpgG 100516-2i.jpgG 100514-2i.jpgG 100516-3i.jpg

↓芍薬以外はこんな感じ。
だんだん、うっそうととしてきました(笑)。

G 100511-2i.jpgG 100516-9i.jpgG 100516-5i.jpgG 100523-3i.jpg
G 100504i.jpgG 100507i.jpgG 100516-6i.jpgG 100522i.jpg

今年の5月は、虫が凄かったような気がするんだけど、よそはどうなんだろう??
とにかく、え?、これも?、という植物まで穴ぼこです。
今は少し落ち着いたみたい。ほっ。
タグ:深山苧環
Posted by 銀 | Comment(7) | TrackBack(0) |
ミニBONSAI・山野草など>草もの
この記事へのコメント
>「庭」という場所には、こういう花は便利で良いですね
ほんと、同感です(^^)
オダマキ、3月のお花だったんですね。
こちらは只今ピークを過ぎた所です。

シャクヤク、綺麗でしたね〜
我が家もフェスティバ マキシマがいよいよ
ピッチリポマード頭の状態から花びらが見え始めてきましたヽ(^○^)ノ
楽しみです♪
そちらの5月は素敵なお花のシーズンですね。
銀さんちのお庭って
いやらしくなく日本を感じさせる素敵なお庭ですわ〜(^^)
Posted by alchemilla at 2010年06月14日 17:10
こっちは虫が少ない気がします。
ホソオビがまだなんですよ。
なんか不気味・・・。一気にどーーーーっと現れたらどうしよう。気持ち悪いよぉ〜

下の八枚の、右上のの植物(名前が思い出せません)昔、育てていました。
色が変わって、一枝で白から青まで楽しめるんですよね。香りも良かった気がします・・・。
Posted by オニポン at 2010年06月15日 20:29
ウチの場合、白のミヤマオダマキ(たぶん)は、
勝手に地に下りて大きく育ち、
今や"ミヤマ"をどっかにかなぐり捨てたような姿に。
予想外だけど、いたしかたない!と悟りの境地だよ〜(笑)

馴染み深い花たちなのに、銀さんが撮ると新鮮な感じがする。
ギボウシ…ホスタって言い方よりしっくりするのだ…の画像に、
ドクダミがかわいらしく写ってる♪

虫の出現にも波があるのかな?
ウチも今は5月ほどじゃないもの。
といっても、食われるものは全部食われちまってるから、
食糧不足で他の緑豊かなお宅の庭に移動しただけ?(汗)
Posted by rubys paw at 2010年06月15日 20:31
ありゃま!オニポンさんとニアミス!

オニポンさんが言ってるのは"ニオイバンマツリ"?
Posted by rubys paw at 2010年06月15日 20:35
■alchemillaさん、
苧環、3月でした。
そちらは今がピークを過ぎた頃なのですね。
6月中旬だから、こっちとそっちじゃ3ヶ月近く違うってことか。へぇぇ。

芍薬、うちにあるのはこの白いやつだけで、かなりの古株です。
芍薬に限らず、種類を聞いても、たいてい「昔からあるやつ」という答えなので(^^;)、何だかよくわからないんです。
しかし芍薬、もう少し増やしたいです^^。
それにしても、うぷぷぷ、"ポマード頭"とは(笑)。
そちらは今からワクワクの時期ですね〜。
なんだか羨まし〜。こっちはもう、入梅でベトベト、じきに大雨、洪水、です。
Posted by 銀 at 2010年06月18日 00:08
■オニポンさん、
えっ、虫少ないですか?
そうか〜。
もしかして、うちだけだったりして・・・(!)

今は、青虫が大人になったからか、葉っぱが残るようになりました。
けれど、一度あいた穴が塞がるわけじゃないので、蕗やダチュラの大きな葉がレース状です。確か去年はこんなじゃなかったと思うんですよ。
なんなんだろうな〜。

青から白まで楽しめる花、ruby's pawさんも書いてるけど、たぶん、ニオイバンマツリだと思います。
香りも良いんですよね^^。

ホソオビ、大量に現れたら、是非レポートを!(笑)
Posted by 銀 at 2010年06月18日 00:15
■ruby's pawさん、
ほんとだー。
オニポンさんとニアミス!

白の深山苧環、そんなことになってるのですね!!
以前、苧環(二色風鈴として売られてたけど、深山苧環もどきだった)を育てたときには、苔玉だったので、水切れもあって青息吐息だったんですよ。
今回は強さがよくわかりました〜。
うちのも、深山をかなぐり捨てるかな?(やや期待^^A)

ギボウシ(私もこっちのがしっくりする)とドクダミ、なかなか良いコラボでしょ(笑)。
ドクダミ、花は可愛いんですよねぇ。
うちの庭、今はドクダミと茗荷の林でわさわさです・・・。
Posted by 銀 at 2010年06月18日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。