【Gardening>薬剤・肥料など】 の記事一覧


2009年11月26日

「ぼかし君」

bokashi 091103i.jpg先日、自転車でふらふら出かけ、ひざ小僧の擦り傷と共に持ち帰ったもの。
"手作りぼかし肥料原材料セット・10リットル"
その名も「ぼかし君」です。


どんな内容かと言うと:
・竹パウダー 4.5L(45%)
・菜種油粕 1L(10%)
・米ぬか 1L(10%)
・美豚堆肥 2L(20%)
・籾殻くん炭 0.5L(0.5%)
・天神様の知恵 1L(10%)
・カニ殻 30g(L=3g)
・玄界灘産ウニ殻 30g(L=3g)

"天神様の知恵"に、有用菌が入ってるのかな?
セットにはパンフレットが1枚入っていて、作り方の解説と実践方法が書いてあります。
上記の材料を混ぜ、水分を50〜55%ほど加えて毎日切り返し、保存すれば2週間ほどでぼかし肥ができる、というものです。

JAのショップで買ったのですが、なんと190円♪
この日はお祭りなので半額だったんですよ。だけど定価でも380円!
ひざの痛みも忘れてニンマリ^^。

bokashi 091119i.jpg11月19日。
材料全部を混ぜ合わせたところ。
匂いが気になるかと思いきや、ぜんぜん臭くありませんでした。


bokashi 091125i.jpg11月25日。
ふと思い出して(実は忘れていた)蓋を開けてみると、湯気が〜♪
白い菌がいっぱいで、おこたの中のような暖かさです。
そして、麹のような良い匂い^^。


bokashi 091125-2i.jpg段ボールの蓋には、このとおり水滴が。
今まで、醗酵米糠や生ゴミ堆肥を仕込んでみましたが、こんな風にちゃんと熱が出たのは初めてなのです。
嬉しい!
も〜こうなったら、生ゴミ堆肥もまた仕込んじゃおうかな〜!(すぐ木に登るタイプ)



ところで、これを買ったJAショップ、お祭りですごい人出でした。
JAにはショップもあって、農家じゃなくても利用できるとか、お祭りがあるとか、私にはけっこうびっくりなことでした。
JAは農家のためのもので、他の人は関係ないのかと思ってた・・・。

DSCN4568i.jpg←お祭りの一部です。
おねえさん達の太鼓演奏、かっこよかったです。
この傍らには、何とかレンジャーと一緒に写真と撮るための、子供たちのながい列が。


DSCN4566i.jpg←「そのまんま袋畑」というオリジナル商品。
他にも、家具、骨董、寝具に衣服に時計や小物、当たり前だけど産直野菜や海産物、竹細工、もちろん苗に農機具に資材、そして食べ物の露店と、盛りだくさんでした。


DSCN4571i.jpg「バラの土」20リットル入り480円。安い!
何が入っているのか書いてないのが残念ですが、心が動きました。
このあたりでは、切花用のバラも産物のひとつとなっているようです。訪ねていけるところがないか探しているところです^^。


タグ:ぼかし
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
Gardening>薬剤・肥料など

2007年12月05日

「はんぺん」で「発酵米ぬか」

このところ週末にうろうろしていたのは、「はんぺん」を探していたからなのでした。
「はんぺん」と言うのは、土着の善玉菌の固まりのことです。
雑木林などの落ち葉が降り積もった適度な日陰にあるらしいんだけど・・・。

これがちっとも見つからん!

今年の1月から3月、発酵米ぬかと、発酵米ぬかを使ったぼかし肥を仕込みましたが、見事に失敗。
時期を無視して仕込んだのもまずかったんでしょうが、青かびが繁殖してしまいました。

失敗の原因は、実はよくわかりません・・・。
どっちにしろ、使った菌(自宅培養の菌―と言っても、鉢にマルチした米ぬかと堆肥に発生した菌の固まりらしきもの&手助けにバイオゴールドバイタル)が、充分強くなかったような気がしていました。

なので、この「ぱんぺん」なるものを、どうしても使ってみたかった。
そして先々週、ついに見つけました!

hanpen 071124i.jpg
公園の、あまり人が立ち入らないひっそりとした場所です。
諦めかけていたころ、足元の落ち葉を掻き分けてみると、うっすらと白い。


hanpen 071124-2i.jpg
もしや?と、ひっくり返してみると、まっ白いじょ!
これか〜!(実物を見るのは初めて)
このあたりでも、この一画にしかないようで、1メートルも行くと、ただ落ち葉が降り積もっているのみ。


h komenuka 071126i.jpg
持ち帰って、さっそく発酵米ぬかを仕込みました。
写真は仕込んだ直後。生糠に、その10%ほどのはんぺんを混ぜ、手で握るとほろっと崩れるぐらいに水を加えたもの。


h komenuka 071204i.jpg
仕込んだ数日後から、麹のような良い香りがしはじめました。これも初めての体験。
そして1週間後、香りが変った。
よく見ると、青いツブツブが見える。
またしても青カビ!(ToT)


よくわからないけど、もしかしたら青カビの方が低い湿度を好むのかも・・・、という気がしたので(大雑把〜^^;)、水分調整をしてまた寝かせてみました。
ちょっとは持ち直したような気がします(確信には至らず)。
今後、どうすればいいんだろう?
しばらく試行錯誤になるようです・・・。(調べろよ)

hanpen 071126i.jpg
残ったはんぺんは、堆肥と米ぬかを混ぜて潅水したものに被せて、さらに堆肥で覆っておきました。
うまく繁殖してくれるでしょうか??


この"堆肥と米ぬかを混ぜて潅水したもの"は、はんぺんが手に入らなかったら、自宅で菌を培養するしかないと適当に(^^;)やってみたもの。
普段、鉢のマルチに使う組み合わせなのですが、けっこういい感じで白カビが出るのです。
発酵米ぬかがうまく行ったら、ぼかし肥に再挑戦の予定です。

米ぬかや発酵肥料については、「庭造りの愉しみ」さんを参考にさせていただいています。わかりやすく解説されていて、作り方も写真付きで詳しく載っているのでありがたいです♪
Posted by 銀 | Comment(12) | TrackBack(0) |
Gardening>薬剤・肥料など
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。