2010年05月23日

要スペシャル・ケア

Renahy 100521i.jpgマダム・ルナイーです♪

現在、樹高30cm弱、枝1本(!!)。
樹勢が弱く、ちっとも伸びず、葉も増えず・・・。
いつも弱々しいのですが、とにかく咲くだけは咲きたいのです、このお方。


頂点に蕾がついたあたりで、下方から、待ちに待ったシュートが2本出ました。
で、10cmぐらいでそれぞれに蕾が。しかも房で。
・・・いいのか?
え?、いいのか?、そんなに咲いて!!
Renahy 100512i.jpgRenahy 100513-3i.jpgRenahy 100514i.jpg
しょぼい木なのに、花はどれもなかなか立派でした。
香りも良いし、咲き進んだらまた可愛いし、もうその花姿にデロデロでございます^^。

夏場、気をつけて摘蕾して、木を育てないといけませんね。
すぐ目に付く場所に移動しておこうと思います。

Boelle 100507i.jpgBoelle 100507-2i.jpgBoelle 100508-2i.jpg
こちらは、エリザ・ボエル。
蕾の頃のワクワク感の方が、一段上のレベルだったかも(^^;)。
咲き進むのが早いので、あっという間に全開です。
ゆっくりじっくり楽しみたい花なのですが、そうはイカの塩から。

去年よりマシですが、相変わらず虫に好かれます。

Rougemont 100512i.jpgマダム・アルフレッド・ルージュモン。

蕾、2個だけ付いたけど、咲く前に落ちた・・・。
伸びるのも遅く、虫にもやられ、なかなか思うように行きません。


この3つのハイブリッド・パーペチュアルとノアゼット、うちの庭の野性味におされ気味のようです。
当面、要スペシャル・ケアかな〜。

以前枯らしてしまったルイズ・ダルザン(N)、今思うと強かったような。
まぁ、環境が違うので何とも言えませんけど。
Posted by 銀 | Comment(8) | TrackBack(0) |
Roses>Noisette & Hybrid Perpetual

2009年05月28日

咲くことは咲いた。

去年の春、新苗で購入したお気に入りたちです。
切り詰めていたので、まだ樹高30cm程度。

PDP 090517-2i.jpgPDP 090517-4i.jpgPDP 090517-5i.jpg
パヴィヨン・ド・プレイニー。
なんとか1個、立派な花が咲きました。
カットしたら、すぐに蕾が。噂どおり〜。

Renahy 090521-2i.jpgRenahy 090522i.jpg
マダム・ルナイー。
↑のプレイニーとよく似てます。
プレイニーは花弁の裏が白いんですけど、こっちは外側の花弁が白い。

Boel 090511-2i.jpgBoel 090512i.jpg
エリザ・ボエル。
ま〜、うどんこに好かれる好かれる・・・。
この頃出てきた新しい葉が、やっとまとも。はぁ。

Rougemont 090502i.jpgRougemont 090504i.jpg
マダム・アルフレッド・ルージュモン。
ちっとも新芽が出なくて心配でしたが、やっといくつか出ました。

株を育てるために摘蕾すべきか考え中。
見た〜い、でも。
でも見た〜い!
でもっ!!
Posted by 銀 | Comment(14) | TrackBack(0) |
Roses>Noisette & Hybrid Perpetual

2008年05月23日

Louise d'Arzens 23 May 2008

去年の秋に長尺苗を買った、ルイズ・ダルザンです。
うひひひ、も〜可愛くてどうかなりそう^^。
これは買って正解でした♪

Darzens 080521-6i.jpgDarzens 080520i.jpgDarzens 080521-9i.jpgDarzens 080523-2i.jpg
Darzens 080523-3i.jpgDarzens 080522-2i.jpgDarzens 080521-3i.jpgDarzens 080521-7i.jpg

蕾は全部で10個上がりましたが、自ら2個を落としました。
なんで落ちたのか、よくわからない・・・。
割と日の当たる場所だったんですけど、同じ枝のものが落ちました。

花は5cm〜7cm。コロコロでワシャワシャで、咲き始めてから茶色くなるまで、ずーっと可愛いんですよ!
ただ、開きかけは、ごわわ、ごわわ、と外側の花弁がはがれる感じで、もしや失敗か?と一瞬びびりました^^;。

Darzens 080523-4i.jpg
全体の様子です。
こうやって写真で見ると、日が当たる部分にきれいに並んで開花しているのがわかりますね〜。
実際には、あんまりピンと来てなかった・・・。
枝はそんなに伸びていません。ほとんど誘引したときのまま、葉と花がついた感じ。華奢な枝なので誘引も楽だったし、扱いやすい印象です。


Darzens 080523-6i.jpg
淋しげな右下部分のアップです。
この一画は年中薄暗いんです。やはり育ってませんね・・・。しかも枝、枯れてるし(涙)。花がある部分は、今の時期、朝3時間程度の日照。春先はもっと少ないのですが、これだけ咲いてくれれば満足です^^。


Posted by 銀 | Comment(20) | TrackBack(0) |
Roses>Noisette & Hybrid Perpetual

2008年04月27日

ノワゼットたち。


Darzens 080427-2i.jpg
ルイズ・ダルザンの蕾です♪
やっと白い色が見えてきました。粉粧楼とトップ争奪戦の真っ最中。
朝3時間ほどの日照ですが、蕾が10個程度あがりました。
日陰でもそれなりに大丈夫な品種なのかな?
ただし、まったく日の当たらない部分は見事に新しい芽が出てません。・・・当たり前か。


Darzens 080423-3i.jpg
葉は薄い色のまま。
多分、本来はもっと濃い色なんだと思います。
それに、すぐカリカリ乾燥するんですよ。
鉢土は湿ってるように思うんだけど、水が足りないんだろうか?


PDP 080420i.jpg
パヴィヨン・ド・プレイニーです。
新苗がやっと届きました!
待ってたよ!
シュート3本ほどで、生育旺盛な様子^^。


PDP 080427i.jpg
柔らかそうな枝葉で、まだ幼子という雰囲気むんむん。
だけど、今にも蕾があがりそうでもあります。
もし蕾があがったら、1個ぐらい咲かせても大丈夫かなぁ?


↓この二つは、マダム・アルフレッド・ルージュモン。
プレイニーと一緒に届いた新苗です。
これがね〜。なんとも不安な苗なのです。

展開している芽の無い1本杉で、下葉は黄色。
切り継ぎの蝋が塗ってある枝も、上から黄色くなってきてます。
ふぇ〜、一番楽しみにしてた苗なのに・・・。
Rougemont 080420i.jpgRougemont 080427i.jpg
いったんバラの土に植え替えたんですけど、↓を読んで、また植え替えてしまいました。白根が全く育っていなくて、根鉢を崩すも崩さないも、鉢から出したら裸苗状態。何度も植え替えてストレスをかけてしまったけど、元気になってくれるかなぁ・・・。

どんな苗でも、市販のバラの土ならオッケーだろうぐらいに思ってたけど、苗の状態によって土を変えるのは考えてみれば当然の話ですよね。なんだか、「人気のあるバラの土」にひきづられて、思考停止状態になってた自分がわかります。

この本、実は知りませんでしたが、ちょっぱーさんに教えていただきました。
わかりやすくて良い本ですね。みんなちゃんと読んでるんだろうねー。あたしゃ勉強不足だな。

バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)
鈴木 満男

by G-Tools
Posted by 銀 | Comment(23) | TrackBack(1) |
Roses>Noisette & Hybrid Perpetual

2007年10月24日

Louise d'Arzens 24 Oct. 2007


Darzens 071024-2i.jpg
はじめてのノワゼットです。「ルイズ・ダルザン」。
ず〜いぶん悩んだんですが、ちょうどお誕生日だったので、えいっ、自分へのプレゼントだっ!(笑)


Darzens 071024ei.jpg
5cmほどのころころ♪ この手に弱いです。
特に強香ではないですが、よく香ってて♪
粉粧楼に似てますが、こっちの方が花弁がしっかりした感じです。


Darzens 071023-3i.jpg
つぼみ♪
大きくなる品種は敬遠してましたけど、考えてみれば、うまく誘引できるなら、その方が場所はとらないかなと。


Darzens 071023-5i.jpg
全体はこんな感じ。
1mぐらい。

つる状でオベリスクに、と考えているのですが、うまく絡ませられるかな〜。枝は柔らかそうに見えますけど・・・。


Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
Roses>Noisette & Hybrid Perpetual
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。