2008年12月20日

らっきょうズ。


Shimarakkyo 081220i.jpg
うちの「らっきょうズ」をご紹介します。
エシャロットと島らっきょうの苗、衝動買いです(^^;)。
調べてみると、植え付けは秋口らしいので、ちゃんと育つかどうか。ま、強いらしいし、日陰OKらしいし、やるだけやってみよう。


ところで、"エシャロット"ですが、普通日本で売られているのは、早採りしたらっきょうなんだそうです。品種としては別物なので、"エシャレット"なんて書いてあるらしい。

島らっきょうも、普通のらっきょうと同じ種を沖縄で育てているという話も、原種や他にも品種があるという話もありました。
要するに、普通のらっきょうも太る前に収穫すると、島らっきょうのような食べ方ができるってことなのかな。味や香りの違いはあるんでしょうけど、味は土にもよるみたいです。

で、私が買ったのは何なの?というのはよくわかりません。
ラベルには名前と、簡単な育て方が載っているのみ。
ただ、一緒に売られていた同じシリーズの"普通のらっきょう"は、この二つより、やや大きめの葉が出ていたんですよ。だから、違う品種なのかも知れません。

Shimarakkyo 081220-3i.jpgEchalote 081220-2i.jpg
左が島らっきょう、右がエシャロット。

らっきょうは深植えするそうです。
ちょうど、ネギの軟白みたいな感じなのですね。
20cmぐらいの穴を掘って云々。
しかし、そんな深い鉢は、持ってな〜いのだ。(バカボンのパパ調で読むこと)

ポリポットから抜くと、ぷ〜んとねぎ臭。こんなに香るのか。
4球ぐらいが固まって入ってました。
分けるべき? しかし、もう植え付け時期を過ぎているし・・・。
とりあえず、島らっきょうはそのまま大きめの深いテラコッタに。
エシャロットは2球ずつに分けて、間口の広い鉢に。
土は野菜などの古土です。多少、川砂や鹿沼などを足しました。

Shimarakkyo 081220-2i.jpgEcharote 081220-3i.jpg
左が島らっきょう、右がエシャロット。

株もとの様子です。
島らっきょうは紫がかってます。
さて、どうなるかな〜。
頭の中はすでに、とらぬらっきょうの皮算用・・・。
Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年06月29日

じゃがいも収穫♪

じゃがいも、なんとか食べられるものが採れました〜。
わ〜い!
実は、不安になって、途中で掘ってみたり(笑)。
すると、ころんとしたおなじみの顔が見えたので、また埋めなおして待つことしばし。
potato 080628-2i.jpgpotato 080628-3i.jpg
大小あわせて、全部でちょうど10個でした。
大きいので長さ7cmぐらい、小さいので3cmぐらい。

じゃがいもは栽培が簡単だと聞いてたけど、ほんとに簡単でしたよ!
他の野菜に比べると、虫の害も少ないんです。
コロコロ収穫も楽しいし、これは育てるのにお勧めかもです。
potato 080603i.jpgpotato 080614i.jpgpotato 080618i.jpg
前回Upしたあとの、成長の様子です。
ま〜、わしわし伸びること。
光を求めてベランダの手摺から飛び出し、台風で倒れ、茎は折れ、そして花は咲かず・・・。
そうなんですよ、まったく花が咲かなかったんです。
かなり心配しましたが、咲かなくても、土の下にできるおいもちゃんには特に影響ないらしいです。

今年のように雨が多いと、地植えだと収穫時に雨で土が湿って、水っぽいものになるそうです。
が、うちは軒下なので助かりました。
さ〜て、次は味見だ〜♪
タグ:じゃがいも
Posted by 銀 | Comment(23) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年06月22日

少し成長しました。

夏野菜たちのその後です。
雨の合間を縫って、5月末になんとか植えつけました。
少しずつ成長してはいるけれど、いまひとつかな〜。
eggplant 080517i.jpgchives 080518-2i.jpgeggplant 080602i.jpg
長茄子とチャイブ。
狙ったわけじゃないけど、花色が合ってる^^。
だけど、コンパニオンプランツとしての効果がどうなのかは微妙。
茄子は第一果ができたんですけど、いつのまにか行方不明に!
ガクだけ残ってたんですよ。
犯人は誰??、実だけ丸ごと持っていくなんて!
と、びっくりしたけど、たぶん落果したんでしょうね(^^;)。
ingen 080521i.jpgingen 080525-2i.jpgingen 080608i.jpg
つるなしインゲン。
豆科の花って可愛いです^^。
白いのとクリーム色のと、2種類咲くんですよ。なんでだろう?

ピーマンと相性が良いらしいので一緒に植え付けました。
しかし、植え付け後、ほとんどの葉が黄変して落葉。
とりあえず枯れてはいないけど、葉は未だないまま・・・。

インゲンは移植を嫌うようなので、本来は種まき(豆まき?)した方が良かったんだと思います。
でも、他の野菜でもそうだけど、種を買うと残って無駄にしてしまうので、ベランダでは苗の方が実際的なんですよね〜。
g pepper 080519i.jpgg pepper 080519i.jpgg pepper 080601i.jpg
そのインゲンと一緒に植えたピーマン。
ささやかな花ですけど、可愛い^^。
たかのつめの花も咲きましたが、さすがにそっくり。
f tomato 080604-2i.jpgf tomato 080614-2i.jpgf-tomato 080622i.jpg
フルーツトマトです。
摘み忘れた腋芽に花がついていたので、小さな鉢に植えてみたら、そっちにも実ができました。

一緒に植えているのはバジル。できるだけ水を控えて育てようと思ってるんですが、そうすると、バジルが瀕死になっちゃうんですよね〜。なので、けっこう水やってます。
"フルーツ"トマトにはならないかも。

今のところ収穫したのは下記のとおり。

・インゲン・・・6本
・ミニきゅうり・・・1本
・ピーマン・・・1個

気になる「味」ですが、インゲンとピーマンは新鮮!だけど普通、という(^^;)。
しかし、ミニきゅうりはおいしかった!
親バカかも知れないけど、胡瓜にもえぐみがあるんだなと、えぐみのない胡瓜を食べて気付いた感じでした〜。

あと、長茄子は1個できたけど行方不明、トマトは一番下の節についた実が色づいてきました。
来週末ぐらい、お天気が良ければ、じゃがいもくん収穫予定です^^。
Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年05月29日

よもぎ。


yomogi 080521i.jpg
"キク科の植物は害虫忌避効果があるらしい"、と知って、どうしても欲しくなってしまたよもぎ。
独特の匂いを虫が嫌うのだそうです。
じゃあ、ちょっくら道端から頂戴して♪、と思い立ったものの、どうやっても抜けない。仕方なく、今年出た15cmほどの新しい芽の、そのまた先の5cmほどをなんとか引きちぎってきました。


yomogi 080504-2i.jpg
持って帰ってきたときにはピンピンしてたのに、いまいち水をあげません。
挿し木はだめなのか?(検索すると、根を少しつけたまま掘り出して植える、となっていた)
葉が負担なのかと、大きいの3枚をとってみると・・・。


yomogi 080512i.jpg
大丈夫でした^^。
新しい葉が出てきて、根も見えるようになってきました。
他の植物と一緒に植えると、よもぎが勝ってしまうので、単植で虫に好かれる植物の隣に置く予定です。
うまく行けば、よもぎ餅も・・・♪


タグ:よもぎ
Posted by 銀 | Comment(10) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年05月13日

夏野菜たち。


m cucumber 080508i.jpg
じゃがいもくんにその気にさせられて、夏野菜の苗を買い込みました。
←ミニきゅうりの「ピノキオ」。
ほんとは四葉胡瓜が育てたかったのですが、苗がなかった。


一緒に植えているのは、ハーブのチャービルです。
コンパニオンプランツとして混植しました。
"きゅうりの株元の乾燥を防ぎ、害虫を忌避する"効果を期待して。

土は、鹿沼土を主体とした、"なんちゃって永田農法"です(笑)。
永田野菜には憧れるけど、実は難しそうなので、ちょっとだけゆるめで栽培してみることにします。
m cucumber 080507i.jpgm cucumber 080510i.jpgm cucumber 080510-2i.jpg
きゅうりは夏野菜の中でも、それほど日照を必要としないらしい。
ので、真夏しか充分に日が当たらないトレリスに絡ませることにしました。
トレリスには、その名も「きゅうりネット」なるものを取り付けて、準備完了。

しかし、きゅうりの"つる"は意志を持っているらしく、ヤなところは絶対にヤ!と言わんばかり・・・。わざわざ絡ませても、数分後にははずれてる。
きゅうりのつる、あなどれず!
でもね、これ「きゅうりネット」なんだよ。どこが嫌だって言うのよ?
f tomato 080504i.jpgf tomato 080510i.jpg
フルーツトマト。(と書いて売られていた)
しかし、品種に「フルーツトマト」というものは無く、育て方で糖度をあげるんだそうです。だからこれは中玉の品種の何からしい。
もう花が咲いて、花が落ちて(涙)、実が出来てきました。
eggplant 080507i.jpgeggplant 080507-3i.jpg
長なす。
もっと育てやすい品種があるようだけど、どうせ失敗するなら(^^;)、いちかばちか大好きな長なすを育ててみようと。
なすのヘタ、痛いですよね。
当然ながら蕾トゲトゲ、葉にもトゲあり。なるほどね〜。(?)

この他、ピーマン、たかのつめ、いんげん、青じそがあります。
こんなに買って大丈夫なのか・・・。(←毎度、後先考えず)
コンパニオンプランツを想定したら、数も増えちゃったんですよー。(意味不明)

野菜を育てようと思い立ち、参考にしたのは↓の本です。
どれも面白かった。とくに徳野雅仁さんの本(中)には影響されました。

コンパニオンプランツで野菜づくり―仲よし植物を育てる (ひと目でわかる図解)コンパニオンプランツで野菜づくり―仲よし植物を育てる (ひと目でわかる図解)

by G-Tools

完全版 農薬を使わない野菜づくり―安全でおいしい新鮮野菜80種完全版 農薬を使わない野菜づくり―安全でおいしい新鮮野菜80種
徳野 雅仁

by G-Tools

おいしさのつくり方―永田農法を家庭菜園でおいしさのつくり方―永田農法を家庭菜園で
諏訪 雄一

by G-Tools

ところで、今年はアブラムシが少ないなぁと思っていたんです。
ところが、野菜の苗をよく見ると、びっちり!!
いるじゃん!
特にピーマンが凄い。先が思いやられます。
野菜でなくても、ワイヤープランツ、姫つる日々草、スミレにまでいました。
みんなで、バラのおとりになってた・・・。
Posted by 銀 | Comment(26) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年05月04日

じゃがいもくん成長期!


potato 080412i.jpg
3月22日に植えつけた「じゃがいも」のその後です。芽が出ないな〜、中で腐っちゃったかな?などと思ってたら、20日近くも経ってから芽が出ました。
←芽が出て5日後の写真です。


potato 080416i.jpg
上の写真の4日後。
芽が出たと思ったら、まぁすごいスピードで大きくなりました。
なんだか、葉がいびつです。
まぁ、1袋100円の食べ残しだしね。


potato 080420i.jpg
そのまた4日後。

見るたびに、うそ!というぐらい大きくなってるんです。さすが3ヶ月で収穫できる野菜・・・。


potato 080428i.jpg
芽が出て3週間で、高さ50cmほどになりました。

この間、液肥をかねて水遣りを1回。土寄せを1回。
バラの土が多く入っている古土だから、水持ちが良すぎるような気もする。


potato 080503i.jpg
このところお天気が悪いので、光を求めてあっちに行っちゃいました。

知り合いから、これがいいんだよ!というじゃがいもの肥料を頂いたので、それをバラまいて土寄せ、2回目の水遣りをしたところです。
今のところ、虫の害もなく順調。むふふ、楽しみ^^。


タグ:じゃがいも
Posted by 銀 | Comment(18) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年03月26日

とらぬ「じゃがいも」の皮算用


potato 080322i.jpg
野菜かごのじゃがいも、芽が出たので植えることにしました。
2つに切って乾燥・・・、させすぎたかも!(汗)
「草木灰を切り口にぬる」必要はないらしいです。
切り口が乾けばいいみたい。


potato 080322-2i.jpg
植えたのは土嚢袋。30cmほど古土を入れました。
じゃがいもは古土の方がいいらしいんですよ。
しかし、ベランダだし古土ってそう量がない。
バラの土も入ってるけど、もう、鉢底石だのバークチップだの、いろいろ入ってます^^;。
気の毒なので、元肥としてバイオゴールドも少し入れました。


このじゃがいも、1袋100円の食べ残しです。
うまく行ったら、元手20円ぐらいで10個程度のじゃがいもの収穫となりますね。
こういうのを、取らぬ狸のナントカって言うんですね(笑)。

じゃがいもは瘠せ地でも育つので、厳しい土地に住む人々を救ってきた植物なのだそうです。
うちの瘠せ地でも育つかな〜??
楽しみです^^。
タグ:じゃがいも
Posted by 銀 | Comment(20) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ

2008年03月16日

スィートマジョラムとオレガノ。


DSCN5850i.jpg
ハーブの「スィートマジョラム」の苗を買いました。
以前持っていたんですけど、香りが全然違う。
見かけも、ちょっと違う。

オレガノを探していて、ほとんど同じ匂いの「スィートマジョラム」を見つけて、これでいいや♪と、オレガノ代わりに使っていたのが、以前のマジョラムなのです。


DSCN5851i.jpg
それで、ずーっと違いがわからなかった。
今回の苗は、はっきり違う香りがしています。

葉も違うように思うけど、個体差かも知れないし、何とも言えないなぁ。


調べてみると、オレガノとマジョラムは近縁種なのですね。

≪オレガノ≫
科属名 シソ科ハナハッカ属
学 名 Origanum vulgare
英 名 oregano
和 名 ハナハッカ
別 名 ワイルド マジョラム 

≪マジョラム≫
科属名 シソ科ハナハッカ属
学 名 Origanum majorana
英 名 marjoram
和 名 マヨラナ
別 名 スイート マジョラム

こんなにそっくり。
以前私が買ったスィートマジョラムは、どっちかというと、オレガノより、またはオレガノそのものだったのかも。
と言って、今回のスィートマジョラムがほんとのスィートマジョラムかどうか、私には判断できませんけど。

今もオレガノが欲しいんですが、"香らない"苗しか見つけられないので、買わずに何年も経ってます。
香りは、個体差が大きいらしいんです。
よく有機栽培で育てたら香りが強くなった、なんて聞くけど、そういうのも期待できないんだろうか??

昔は、どれもそこそこ香ってた気がするんだけど、最近は香らないのばっかり。
なんででしょうね?
香りを基本に選ぶとなると、通販じゃね〜。
それとも、ちゃんとしたハーブ専門のお店なら、大丈夫かな??
Posted by 銀 | Comment(14) | TrackBack(0) |
その他の植物>野菜・ハーブ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。